株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

導入事例

Case Studies導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. コンデナスト・ジャパン様

コンデナスト・ジャパン様


コンデナスト・ジャパン

デジタルアセット管理で多メディア展開を加速

- クロスメディアパブリッシングに向けたコンテンツ管理と編集工程 -

クロスメディアビジネスのさらなる加速に向けて – 導入背景 -
「VOGUE JAPAN」や「GQ JAPAN」など、ハイクオリティでユニークな雑誌を手掛けているコンデナスト・ジャパン。優良なブランドイメージを築き上げ、価値あるコンテンツを読者へ届けている同社では、クロスメディア・ミクスメディアでのメディアビジネスを「マルチプラットフォーム」ビジネスと総称。事業戦略の柱として位置づけ、これまでの出版社のイメージを脱却する「マルチメディアカンパニー」として、鋭意推進しています。

「人々の情報に対する接点がスマートフォンやタブレットデバイスの台頭で劇的に多様化しています。それぞれ快適さのポイントも違えば、欲しい情報の質や量も違う。初代iPadの発売以前からデジタル・マガジンを手がけ、私たちはこうしたニーズの違いをずっと目の当たりにしてきました。最近では下版データをデジタル化しただけのPDFレプリカの配信からは脱却しつつあります。2012 年にまず GQ で AdobeDPS を活用したミクスメディア・アプローチを採用し、同年中に VOGUE も取り組みを進めました。 ただ、これをさらに高次元に上げていくには、プリントに最適化した環境やワークフローでは相当厳しいんですよ。工数が何倍にも膨れあがりますからね。この取り組みを支える重要なインフラとして、DAMに投資することをまず第一に決めました。」(ご担当者様)

最も重要視しているのは、雑誌の誌面や写真・動画・その他の素材データなどをできる限りスムーズに引き出し、シームレスにそれを各デバイス向けのコンテンツとして編集し、それぞれの工程に移ることのできる製作環境を整備することです。コンデナスト・ジャパンでは同グループ全 25カ国の本支社に先駆けてデジタルアセット管理システム”ターボサーバー“を導入。 2013年の本格活用に向けてカスタマイズを進めています。
ターボサーバーで実現されるコンテンツ管理 -ターボサーバー導入ポイント -
同社で採用されたターボサーバーは、Webブラウザベースのデジタルアセットマネジメントシステムです。ワークフローサーバーである ” ターボサーバー”のコアエンジンであり、出版業界においても数多くの実績があります。Web 上でデータの管理はもちろん、InDesignやPhotoshop/Illustratorなどのクリエイティブデータにも対応するプレビュー閲覧が可能です。これら管理されたコンテンツは、Web上でフォーマットや画像サイズを変換しダウンロードできます。さらに、画面インターフェイスの柔軟なカスタマイズ性を備えています。

「私は基本的にシステムの導入においては「自動的にそうなっている」という状態をいかに自然に作れるかをまず考えます。DAM に台割管理を乗せると聞くと同業の方々は驚いたりあきれたりするかもしれませんが、台割って要はすべてのデータが集まる場所なんですよ。これをDAMに乗せることで、 誌面・素材・広告などのデータは自動的にこのシステムに集約されます。つまり、社内コンテンツの一元管理が楽に実現していくという寸法です。そこにデータが集まっていることが誰にとっても自然なこととなる。その結果、コンテンツが個人管理に依存せず社内全体に共有されるということで、結果ナレッジの共有、リソースの有効活用、最適化が進行していくというわけです。」( ご担当者様 )
環境を変えることでビジネスを変えていく – 今後の展望 -
「次に考えるのが利用者が「便利だ」と体感できることです。例えば編集者がスタジオでの撮影やカフェでの打ち合わせの途中に インスピレーションが沸き、過去のアーカイブからサンプルを取り出したい場面があるとします。このとき手持ちのスマートフォンやタブレットで参照でき、相手に見せながらアイデアを膨らませたりできるとしたら。もう大量の重い見本誌を携え打ち合わせに行く必要はないし、その場に資料を持ち合わせないことで発想が中断されることもない。その気になれば会社までの移動中に仕事が済み、出社の必要はなくなるかもしれません。便利でしょう?一回体感したらやめられないですよ。
結果、作業の断片化が防がれ、社員の生産性は上がります。時間に余裕が生まれれば、新しいプロダクトやミクスメディアへの挑戦の際に、ものごとを深く知る優秀な編集者をそのままその仕事にアサインでき、経験の浅い人員を無理に増やす必要もなくなる。こうして環境を変えていくことが、“マルチメディアカンパニー”としての当社のビジネスの一層の加速を実現すると考えています。」( ご担当者様 )
コンデナスト・ジャパンについて http://corp.condenast.jp/
コンデナスト・ジャパンは、ハイクオリティかつユニークな No. 1 タイトルを保有する雑誌社として 1997 年にスター ト。メディアや情報端末が台頭し、情報経路の複雑化やハイスピード化が著しい昨今では、旧来の出版社(雑誌社)と いう枠組みから脱却し「マルチメディアカンパニー」として情報を発信。価値あるコンテンツと強いブランド力を基軸 に、マルチプラットフォームでビジネスを推進しています。
関連リンク
Xinet(ザイネット) 製品ページ デジタルアセット管理システム


Pagetop