株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

導入事例

Case Studies導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. Rohm and Haas 社(米)様

Rohm and Haas 社(米)様


アナログ管理から脱却。製品情報やイメージの一元管理により大幅な管理コスト削減を実現。

Xinet 導入の経緯
特殊化学品やエレクトロニクス素材、建材を製造するRohmandHaas社。同社では全世界の拠点で働く1 万7000人以上の従業員が、販促マテリアルや企画・提案資料の作成を行うために同社製品のイメージや製品情報を必要としています。そんな同社において、Xinetは、関係スタッフが拠点を問わずに必要な情報を自由に検索し活用できるプラットフォームとして導入・運用されています。Xinet の導入前、同社では、これら製品イメージを映写用透過画像やスチル写真といったアナログ媒体を用いて管理していました。そのため、これらのイメージを流用する際には、担当者のもとへ行き、手作業で写真を探し、デジタル化をその都度行う必要があったため、少なくとも素材の取得に1日を要していたと言います。「Xinetの最大の利点は、システム内に登録された何万という製品イメージのひとつひとつに関連する属性情報が紐付けられていることです。これにより、世界中にいるどの従業員であっても、各人が必要な特定の画像をキーワード検索で簡単に見つけることができるのです。」(Alan Friedlander 氏)
Xinet のポイント
「Xinetの最大の利点は、システム内に登録された何万という製品イメージのひとつひとつに関連する属性情報が紐付けられていることです。これにより、世界中にいるどの従業員であっても、各人が必要な特定の画像をキーワード検索で簡単に見つけることができるのです。」(Alan Friedlander 氏)
同社における導入効果
「Xinetの導入により、製品イメージや情報の検索時間やそれに伴う余剰コミュニケーションは削減され、数倍以上の業務生産性を実現しています。従来は、ハードアセットの管理に数名のスタッフが常駐している必要がありました。しかしながら、それがXinet の導入によりデジタル化されたとき、管理者が不要になったのです。これは大きな衝撃を受けました。こうして日々、Xinetの運用することで、その投資対効果が拡大を続けているのを感じています。資産の一元管理により、ブランドや正確な情報を統一しながら、すべての関係者が自由に各々の活動を行い、私が聞く限り全てのユーザから賞賛されているシステムだといえます。」(Alan Friedlander 氏)
Rohm and Haas 社(米)について 
米国ペンシルバニア州フィラデルフィアに本社を置くRohm and Haas 社は、世界27 カ国で100 拠点を持ち、年間80 億ドルを売り上げる特殊化学品メーカーです。創立以来約1 世紀の経験に培われてきた同社の技術力は、建築、建材、エレクトロニクス、日用品、梱包、食品、自動車など、幅広い分野において、人々の生活に役立てられています。
関連リンク
Xinet(ザイネット) 製品ページ デジタルアセット管理システム


Pagetop