株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年10月01日

ニューテックとVPJ,放送・映像市場向けストレージソリューションにおける協業を発表

-国内で製品販売、技術連携、マーケティング活動を共同で展開-

株式会社ニューテック(本社: 東京都港区、代表取締役社長 : 笠原康人)と、株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 三村博明)は放送・映像制作市場へ向けたストレージソリューションの提供において協業し、製品販売・技術連携・マーケティング活動を共同で展開することを発表しました。

<詳細>

4K、2K、HDと大容量化が進む映像制作市場においては、映像データの管理を行うストレージ構築の需要が高まっております。特にCG制作や映画制作においては非圧縮ムービーファイルや連番ファイルの管理・運用を目的とする、高性能かつ可用性に富んだRAIDストレージとハイエンドなネットワーク環境の構築が求められています。 ニューテックは、オープンシステムをコンセプトに開発を行う、国内では数少ないストレージ専業メーカーです。
同社は放送・映像市場への参入・取組み強化の一環として、今夏にストレージ新製品「Ultimate AV」の販売を開始しました。同製品は高速データ転送への対応、ドライブ故障やメディアエラー時でもデータ転送速度を保つCSP(Continuous Sustained Performance)機能、映像編集に関連するサードパーティ製品への対応、Mac OS X / Windows 両プラットフォームのサポートなど、映像編集に特化した機能を備えています。
一方、VPJは放送局・ポストプロダクションなど放送・映像コンテンツ制作現場に向けたインテグレーションを得意とするソリューションプロバイダです。同市場に対し、VPJはワールドワイドで数100社以上の導入実績を持つSANマネジメントソフトウェア「metaSAN」を核とした映像制作ワークフローの構築・サポートを行っております。
metaSANはOSが混在したクロスプラットフォーム環境での高速ファイルシェアを実現するSAN管理のミドルウェアです。OSのネイティブファイルシステムをサポートするため、あらゆる映像アプリケーションに対しオープンに設計されています。今後は「metaSAN iSCSI」や「metaLAN」などネットワークサポートの幅を広げて行きます。VPJは同製品ラインの国内販売代理店としてマーケティング、サポートを2006年から行っており、多くの納入実績を残しています。 今回の協業に基づき、まずVPJはニューテックの技術協力のもと、「Ultimate AV」と「metaSAN」によるSAN環境構築のテスト検証を実施・正常動作を確認し、正式にサポートを行いました。それを踏まえて、今後両社は「Ultimate AV」と「metaSAN」を大容量データの運用管理を行うSANソリューションとして積極的に提案・販売を行います。また共同マーケティング活動の一環として両製品の紹介セミナーを10月24日、VPJ東京本社にて共同セミナーを開催予定です。

スピード、安定性、大容量映像編集に特化したRAIDストレージ「Ultimate AV」

Ultimate AVは非常に高速なデータ転送に対応できるだけでなく、映像系アプリケーションで必要とされる、ドライブ故障やメディアエラー時でもデータ転送速度が低下しないCSP機能を組込んだ、映像系ユーザーに最適なRAID装置です。2台のRAIDコントローラが搭載され冗長性目的ではなく、データ転送速度をより一層向上するために並列処理をします。
それぞれのコントローラには、各々4ポートの4GFC(ファイバーチャネル)ホストインターフェイスが装備され、さらなる高速データ転送が実現可能です。ドライブインターフェイスには3Gbpsの速度を誇るSAS(Serial Attached SCSI)インターフェイスを装備し、独立した16本のチャネルで筐体内に装着された16台のHDDにアクセスします。また、拡張筐体を接続することにより最大64TBまでの拡張が可能です。RAID6にも対応した信頼性、拡張性に富んだRAID装置です。

クロスプラットフォーム対応SANソリューション:「metaSAN」ファミリー

「metaSAN」は、Windowsを中心にMac OS XやLinuxなどが混在したクロスプラットフォーム環境での高速ファイルシェアを実現するSANマネジメントソフトウェアです。OSを問わずにSAN環境が構築出来るため、制作環境の設備やOS、アプリケーションに依存せず自由にシステムを設計することが可能になります。metaSANによるワークフローにおいてネットワーク上のストレージはセンターストレージだけであり、各クライアントはストレージに直接、高速ファイバーチャネルで接続されています。そのため、従来のファイルサーバ運用で発生するデータアップ/ダウンロードフローが不要となり複数端末によるセンター ストレージ越しの共同作業を実現します。また、同製品ラインとしてiSCSIディスクに対応した「metaSAN iSCSI」、LAN上の端末からSANボリュームの共有、アクセスのロードバランシング、フェイルオーバーを実現する「metaLAN」があります。

関連情報:ビジュアルプロセッシングジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、資本金:3,500万円、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、カタログ・新聞・雑誌・ウェブ・タブレット・モバイル・TV・CMなどのメディア業界のコンテンツ制作現場へ「IT戦略」を提案するシステムインテグレータです。VPJが提供するソリューションは独自のワークフローシステムとデータベースなど最新のITをベースに構築されており、コンテンツの企画を手がける企業の販促宣伝部門・広告部門・広告代理店・出版社から、実際の制作を手がける印刷会社、デザイン事務所、映像プロダクション等へ幅広く納入されています。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、印刷・Web・映像などのコンテンツ制作や企業のマーケティング活動の販促媒体制作まで、多様化するデジタル時代においてコンテンツ制作環境が抱える課題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp