株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年08月27日

VPJ、カナバングラフィックスに分散レンダリング管理「rush」を導入 Maya & AfterEffectsのレンダーキューをソフトウェアベースで一元管理

社内レンダリング作業PCの「見える化」と「作業負荷分散」を実現

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 三村 博明)は、TV・CFをはじめミュージック、ゲームムービーなどCGアニメーションの企画・演出・制作を手がける制作プロダクションである有限会社カナバングラフィックス(東京都中野区中央3‐32‐2クリンネルビル4F 代表取締役: 富岡 聡)に、分散レンダリング管理ツール「rush」を納入しました。

導入の背景

同社は、6台のWindowsXP/2000ワークステーションにそれぞれMaya8.5とAfter Effects Pro 6.5を搭載しており、 ¥レンダリングをする際は、オペレータが負荷の少ないPCを推測し各アプリケーションのレンダーキューでレンダリング処理を行っていました。しかし、標準の各アプリケーションのレンダーキューでは、レンダリング処理状況の把握が出来ず、生産性の高い運用が困難でした。
rushの導入により、同社で問題となっていたレンダリングジョブの状況を可視化することが出来るようになり、レンダリングジョブの振り分けを簡単にできるようになりました。また、「rush」のユーザビリティの高い画面操作により、オペレータのタイプミスも激減し正確なレンダリングジョブの実行が誰でも簡単に出来る様になりました。カナバングラフィックス様では単純な設備増強による改善ではなく、「既存設備の最適化」による改善を導入の目的にしていました。

導入効果

「rush 導入により期待通りの効果が上がっています。ユーザは負荷の低い最適なレンダリング端末を指定し、GUI からレンダリングJOB を実行します。従って導入後はユーザが各JOB のレンダリングに要する時間を読めるようになりました。rush の導入により、もちろんレンダリング時間が短縮されました。我々CG デザイナーにとっては制作時間が減ったというよりは、むしろ作品のクオリティを意識する時間が増えたと捉えています。」(担当者)
こうしたレンダリング作業の生産性を妨げる作業が減ったことで、同社はこれまで以上に作品のクオリティに制作時間を費やすことが可能になりました。また、既存のハードウェア環境を変える事なく、ソフトウェアベースでレンダリング作業の「作業付加分散」と「見える化」を成功させております。

■分散レンダリング管理ツールrushについて
rushは、ネットワークレンダリングの作業工程を減らし、レンダリングジョブの一元化を図る、あらゆるOS、アプリケーションに対応したレンダーキューマネジメントソフトウェアです。

■有限会社カナバングラフィックス様
有限会社カナバングラフィックスは、TV・CF をはじめミュージック、ゲームムービーなどCG アニメーションの企画・演出・制作を手がける制作プロダクションである。同社は企画力には定評があり、同社が制作しMTV JAPAN で放映されるCG アニメーション「ウサビッチ」シリーズは文化庁メディア芸術祭やオタワ国際アニメーション映画祭などに入選しています。

関連情報:ビジュアルプロセッシングジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、資本金:3,500万円、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、カタログ・新聞・雑誌・ウェブ・タブレット・モバイル・TV・CMなどのメディア業界のコンテンツ制作現場へ「IT戦略」を提案するシステムインテグレータです。VPJが提供するソリューションは独自のワークフローシステムとデータベースなど最新のITをベースに構築されており、コンテンツの企画を手がける企業の販促宣伝部門・広告部門・広告代理店・出版社から、実際の制作を手がける印刷会社、デザイン事務所、映像プロダクション等へ幅広く納入されています。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp