株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年08月06日

VPJ,映像制作現場向けファイル管理システム『thiiDa2』の機能強化を発表 新機能として映像フォーマットのマルチエンコード機能を実装

同製品のリリースセミナーを8月27日、29日の両日にVPJ東京本社セミナールームにて開催

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 三村博明)は同社が開発・販売を行う、映像制作現場向けファイル管理システム「thiiDa2」の機能強化を発表しました。
thiiDa2はSANをはじめとする制作作業ストレージ内に管理されたデータのプレビューを生成し、汎用のWebブラウザか ら表示するサーバアプリケーションソフトウェアです。連番データ、ムービーデータなど映像制作で使用されるファイルのプレビューを、アプリケーションを立 ち上げることなく、Webブラウザ上から確認することが可能です。

機能強化のポイント

Webブラウザベースのファイル管理により、映像制作に使用する素材ファイルの検索や進行中データのチェックなど、映像制作業 務を大幅に効率化することが可能です。また、Webブラウザを利用することにより、社外の担当者がインターネット経由で制作中のデータをチェックするな ど、外部を巻き込んだワークフローを展開することが可能になります。
今回、VPJが同製品に対する機能強化として、thiiDa2で管理を行う映像ファイルのマルチエンコード機能を追加しまし た。例えば、DPXファイルからWebサイトへの流用へ向けFlashファイルへフォーマット変換を行うなど、ワンソースマルチユースに代表される顧客企 業のニーズに対応することが可能となりました。また、画面インターフェースも、よりわかりやすいデザインにリニューアルを行い、機能強化とユーザービリ ティの向上が実現しました。

関連情報:ビジュアルプロセッシングジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、資本金:3,500万円、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、カタログ・新聞・雑誌・ウェブ・タブレット・モバイル・TV・CMなどのメディア業界のコンテンツ制作現場へ「IT戦略」を提案するシステムインテグレータです。VPJが提供するソリューションは独自のワークフローシステムとデータベースなど最新のITをベースに構築されており、コンテンツの企画を手がける企業の販促宣伝部門・広告部門・広告代理店・出版社から、実際の制作を手がける印刷会社、デザイン事務所、映像プロダクション等へ幅広く納入されています。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp