株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年01月17日

VPJ、映像部門を強化。新人事を発表

放送映像部門の統括責任者として太田純一氏が執行役員に就任

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:三村博明)はこの度、放送映像部門の業務拡大に伴う組織強化の一環として太田氏を執行役員として迎える人事を発表しました。太田氏は日本シンボリックス株式会社そしてニチメングラフィックス株式会社(現エヌジーシー)にて放送・CG分野のビジネス開発に長く携わっており、創始期のCG・映像業界に広く貢献しました。平成17年には日本気象協会と協業し気象ビジネスの総合コンサルティング会社である株式会社ジェイウェザーを設立、代表取締役社長に就任いたしました。
「太田氏の業界での実績を高く評価しています。私の前職である旧日本シリコングラフィックス時代から業界を盛り上げてきた仲間として、今度はVPJの映像事業を一緒に拡大してもらいたいと思います。(三村社長)」

<詳細>

VPJでは現在、主力製品となる「metaSAN (クロスプラットフォーム環境をサポートするSAN)」を始め「Rush(分散レンダリングシステム)」や「thiiDa2(映像素材アセット管理ソリューション)」等のワークフローソリューションをデジタル制作環境の効率化に向けて提案しております。これらVPJソリューションのニーズは年々拡大しており、太田氏はこれらソリューションの事業担当責任者として放送映像業界を始めCG/ゲーム業界、教育機関など映像を取り扱う分野に向けて事業を展開することになります。

関連情報:ビジュアルプロセッシングジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、資本金:3,500万円、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、カタログ・新聞・雑誌・ウェブ・タブレット・モバイル・TV・CMなどのメディア業界のコンテンツ制作現場へ「IT戦略」を提案するシステムインテグレータです。VPJが提供するソリューションは独自のワークフローシステムとデータベースなど最新のITをベースに構築されており、コンテンツの企画を手がける企業の販促宣伝部門・広告部門・広告代理店・出版社から、実際の制作を手がける印刷会社、デザイン事務所、映像プロダクション等へ幅広く納入されています。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、印刷・Web・映像などのコンテンツ制作や企業のマーケティング活動の販促媒体制作まで、多様化するデジタル時代においてコンテンツ制作環境が抱える課題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp