株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

最新情報

Press releaseプレスリリース

  1. TOP
  2. 最新情報一覧
  3. プレスリリース

2017年04月26日

日立建機株式会社様、オンライン校正コミュニケーション「DigitalCollabo」採用


校正業務のデジタル化で実現する”制作効率化”と”工程の見える化”
オンラインコラボレーションによりカタログ校正期間を3分の2に短縮

日立建機株式会社(本社:東京都台東区、代表執行役 執行役社長:平野 耕太郎)は、株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:三村 博明)が提案・販売を行う クラウド型オンライン校正コミュニケーションサービス「DigitalCollabo」を採用しました。

同社ではカタログ原稿を複数部署へメール/郵送で送付し、手書きの回覧形式で校正業務行っていました。アナログベースに制作が進行してたため、余剰な待ち時間や修正指示内容の集約・転記作業が生じており、進行状況も都度担当者へ問い合わせなければ把握できない状況でした。アナログなカタログ制作環境から脱却し、業務効率化や工程の見える化、コスト削減を実現出来る仕組みを探していました。 カタログ校正における関係者が約80人いるので、柔軟に何通でも招待メールを送信できる点が選定の一番の決め手でした。制作工程を見える化して進行状況をリアルタイムに把握したい要望もあり、ダッシュボード機能への期待もありました。DigitalCollaboは他製品に比べて機能が多く使い勝手もよく、コストも当社の予算感と合うものだったので導入を決めました。

<採用サービス概要>

同社で採用された「DigitalCollabo」はクロスメディアコンテンツ対応のオンライン校正&ビジュアルコラボレーションサービスです。デザイン確認・修正指示入力・承認/否認・差し替え画像の添付などの全ての校正作業をWebブラウザ上からオンラインで行うことが可能です。 本サービス導入により全ての校正作業をデジタル化することで制作業務の効率化や制作工程の見える化、アナログ作業削減によるコスト削減や工期短縮を実現します。 同社ではカタログ校正における関係者が約80人いるので、柔軟に何通でも招待メールを送信できる点や進行状況をリアルタイム確認できるダッシュボード機能などが選定のポイントになりました。

<採用後の効果>

本サービスの採用により、同社では以下の効果が挙げられています。
・招待メール送付により校正依頼業務を効率化
・オンライン校正での複数担当者の同時並行作業により校正期間を短縮
 (校正期間を約30日間から10日間ほど短縮)
・修正指示内容のオンライン集約により取りまとめ・転記工数を削減
・ダッシュボード機能活用によりリアルタイムな進行管理を実現
・制作会社をフローに招待することで修正指示入力と同時進行での修正作業を実施可能
・アナログ作業削減により人件費・郵送/印刷コストの削減とカタログ制作スピード向上を実現
・全てのデータがオンラインに集約されることにより原稿データを一元管理
・アナログ作業が削減された分の工数を使用した媒体品質向上

<今後の展望>

「今後は自部門のみならず、カタログ制作を行う他部署や海外拠点の制作フローにもDigitalCollaboを使っていきたいと考えています。校正作業はデジタル化できましたが完成データや素材の管理はまだアナログな状態なので、ワンソースマルチユースの実現に向けてデジタルアセット管理システム(DAM)の導入準備を進めています。DigitalCollaboは素晴らしい製品で既に導入効果は高いと思いますが、DAMと連携することでもっと効率が良くなると思っています。素材や制作データの一元管理や国内外拠点に向けたオンラインデリバリーなどの機能の活用はもちろん、Webやカタログを公開した後の費用対効果の検証などにも繋げていきたいです。」(ご担当者様:清家氏)
>>>日立建機株式会社様導入事例ページ

関連情報:DigitalCollabo

DigitalCollabo(デジタルコラボ)はクロスメディアコンテンツ制作を支援するクラウドベースのビジュアルコミュニケーションソリューションです。
校正・注釈や進捗確認、承認、バージョン管理、スケジュール管理などのあらゆるコミュニケーションプロセスがオンラインで実現することで効率的な制作ワークフローを実現。コミュニケーションミスや作業負荷を大幅に削減し、生産性の向上を実現します。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp

※記載された登録商標・商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。記載内容は発表時点のものであり、予告なしに変更される場合があります。


Pagetop