株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

最新情報

Press releaseプレスリリース

  1. TOP
  2. 最新情報一覧
  3. プレスリリース

2017年06月12日

VPJ、コンテンツ東京2017へ出展:Web/Video/出版に向けたワークフロー支援のITソリューションを提案


-デジタルアセットマネジメントシステム(DAM)-

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、2017年6月28日(水)から30日(金)までの3日間にわたり東京ビッグサイトで開催される「コンテンツ東京2017」内のコンテンツ配信・管理ソリューション展へ出展いたします。本展においてVPJは、Web/Video/出版の3業界に向けたワークフロー支援のITソリューションご紹介します。

出展概要

次々に新たなメディアや販促手法が生み出され、それに伴いプロダクションが取り扱うコンテンツも多様化を続けています。VPJが提案するデジタルアセットマネジメント(DAM)システムは、各種ムービーファイルや画像ファイル、制作データ、Officeドキュメント、記事、音声、CGなどあらゆるコンテンツをWebブラウザ上でプレビュー付きで管理することが可能です。
また、DAMを中核としてコンテンツ制作・管理プラットフォームを構築することで、制作における企画からデザイン、編集、修正指示、進行管理、承認、配信までの一連のワークフローをオンラインで展開することが可能になります。

Web・Video・出版コンテンツ制作における関係者間でのオンラインコラボレーションを実現し、コンテンツ制作から配信までの業務最適化やコスト削減、納期短縮、そして万全のセキュリティ体制をサポートするプロダクションワークフローを提供します。

本展の詳細およびスケジュールは、下記特設サイトでご覧いただけます。
コンテンツ東京2017 VPJ出展情報サイト: http://www.vpjdam.com/news/seminerevent/content_tk/index.html

ソリューション1:Web/ECコンテンツ制作・管理ソリューション

Web・ECサイト制作で必要な写真・イラスト・動画・HTMLなどあらゆるデータの一元管理を実現します。コンテンツの使用許諾管理や画像・動画のフォーマット一括変換、リネーム・リサイズ処理によりWebCMS・ECへの配信負荷を大幅に削減します。HTML・ムービーファイルに対する修正指示や進捗管理、承認フローもオンラインで実現します。

<製品ポイント>
・各種プレビュー ・画像変換/トリミング ・著作権/肖像権管理 
・オートメーションフロー ・HTMLオンライン校正 ・動画変換/切り出し
・商品画像/スペック管理 ・チャットコミュニケーション ・動画データ修正指示
・WebCMS/EC連携 ・ゲストユーザファイル共有 ・リアルタイム進行管理

ソリューション2:映像コンテンツ制作・管理ソリューション

映像制作で必要とされる各種ムービーフォーマットやグラフィックデータ、Officeデータのプレビュー生成や、データデリバリー、属性情報管理、フォーマット変換やトリミングなど、受注から制作、納品まで必要とされるワークフローをサポートします。また、進捗確認や修正指示、承認など各プレイヤー間でのオンラインコラボレーションを実現します。

<製品ポイント>
・ブラウザベースファイル管理 ・プロキシデータダウンロード ・フォーマット変換/トリミング
・著作権情報管理 ・ムービープレイヤー ・データデリバリ
・各種プレビュー ・アクセス権限コントロール ・修正指示/ 承認/ 進捗管理
・ゲストユーザファイル転送 ・シーンコメント登録/ 管理 アクセス操作ログ管理

ソリューション3:出版コンテンツ編集・管理ソリューション

記事や写真、動画などのオンライン入稿やデザイナー、ライター、編集者によるオンラインでの同時並行編集・制作作業、台割管理、リアルタイム進行管理など、オンライン編集環境の構築により制作プロセスの余剰業務を大幅に削減します。WenCMS・SNS・アプリEPUB3などへのミクスメディア配信もWebブラウザ上で実現します。

<製品ポイント>
・記事/写真/動画管理 ・コンタクトシート生成 ・全文検索
・ライツ管理 ・オンライン記事編集 ・自動アタリ生成&リネーム
・ミクスメディア配信 ・掲載素材管理 ・台割/進行管理
・画像一括補正/Web用変換 ・オンライン校正 ・バージョン管理

関連情報:ターボサーバーEXPRESS

ターボサーバーEXPRESSはクロスメディア時代に向けて、フルデジタル制作ワークフローによるコスト削減と、顧客データの管理によるビジネスの囲い込みを実現します。
独自のサーバーベースワークフローによるフルマウントによる制作業務と、社内外を巻き込むブラウザベースのオンラインワークフローを組み合わせることで、コンテンツの入稿、選定、制作依頼などの初期段階から制作、校正、製版処理に至るまでの全ての制作プロセスとコンテンツを一元集約します。また、顧客の販促・出版ニーズに応じた様々なサービスを提供することで、印刷/制作以外の付加価値を提供し、顧客の強力なビジネスパートナーとして長期的なビジネス継続、売上アップを実現します。

関連情報:Aproove

Aproove(アプルーブ)はメディアコンテンツ制作におけるコミュニケーションの最適化を実現するオンラインコラボレーションソフトウェアです。オンラインでの校正・承認機能によりアナログ校正で発生していたコミュニケーション負荷を削減します。多くの関係者間で煩雑なコミュニケーションが発生する制作進行において、コンテンツの確認依頼や校正依頼、プロダクションへの修正依頼、承認・申請といった一連のワークフローを自動化し、コミュニケーションロスやミスを防ぐとともに媒体制作の効率化を支援します。

関連情報:CIERTO(シエルト)

「CIERTO」は、カタログ・Web・プロモーションビデオ・チラシ・DM・ECサイトなどの企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデジタル資産の一元管理を実現します。素材となる商品写真やスペック、イラスト、動画、ロゴ、テキスト、ドキュメントなど全てのコンテンツを統合的に管理し、本社や販売店間での共有はもちろん、販促物制作に関わる宣伝部と各制作プロダクションなど様々な関係者間でリアルタイムに共有することが可能です。 販促媒体の制作においては、入稿から進行管理・修正指示・承認・変換・配信・アーカイブまで、CIERTOを中核に制作進行することが可能です。これにより、媒体制作の生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現し企業のマーケティング活動を強力にサポートします。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp

※記載された登録商標・商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。記載内容は発表時点のものであり、予告なしに変更される場合があります。


Pagetop