株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Topics

トピックス

2020年09月03日

【マウスコンピューター様導入事例!】制作業務の生産性向上・営業活動の効率化など会社全体パフォーマンス向上を実現したデジタルアセット管理システム「CIERTO」

最新ユーザー事例 株式会社マウスコンピューター様制作業務の生産性向上&営業活動支援を実現するデジタルアセット管理(DAM)

この度、BTOパソコンメーカーのリーディングカンパニーであるマウスコンピューター様に デジタルアセット管理(DAM)システム「CIERTO」を導入いただきました。

同社では会社の成長に伴い、各種制作物や管理するコンテンツの量が増加し、
デジタルデータを効率的に管理できるシステムが必要とされていました。
CIERTOを導入しデータの一元管理・共有・活用体制を整備したことで業務の生産性が向上制作部の業務削減、営業活動の効率化など会社全体のパフォーマンス向上に効果が出ています。

制作業務の生産性向上&営業活動支援を実現するデジタルアセット管理(DAM)
導入前の課題
  • 会社の成長に伴い各種制作物が増加しデジタルデータを管理できるシステムが必要
  • 営業部からのデータ提供依頼が頻発し検索/提供の手間や共有までのタイムラグが発生
  • コンテンツの利用期限を管理する体制が確立されておらず版権管理が制作部に依存
導入後の解決

同社では製品写真やロゴ、タレント素材、販促動画など幅広いデータをCIERTOに登録し、 データに対してブランドや媒体のジャンル、スペック情報などのメタデータを設定しています。
各部署から直接データを閲覧・検索してダウンロードを行える環境を整備したことにより 制作部における他部署向けデータ提供作業の削減営業部におけるタイムリーなコンテンツ活用など様々な業務効率向上を実現しています。

マウスコンピューター図版

 
1

データの検索/変換/共有で
制作/営業双方の生産性を向上

コンテンツ一元管理で検索・共有・再利用の手間削減

営業部が各自でWebブラウザ上でデータの検索/確認/変換や社外とのデータ共有を簡単に行える環境を整備。
制作部は月間約20件対応していたデータ提供作業が不要になり業務を削減、営業部はいつでも豊富なデータを使用でき提案の品質向上を実現。


 
社内外関係者との効率的なデータ共有を実現 2

期限や属性情報に合わせた
自動制御でデータ誤使用防止

タレント画像の使用期間や新製品の情報解禁日などの情報に合わせてプレビューの表示/非表示やウォーターマーク表示などを自動化。一目で使用可否がわかる適切な版権管理と使用不可コンテンツの誤使用防止を実現。

 
3

データ利用申請から承認まで
CIERTO上で完結

校正フローのデジタル化で校正期間短縮・コスト削減を実現

利用時の承認が必要なデータを一つのフォルダに格納しダウンロード申請フローを設定。データ使用者が自身で必要データを選定し使用用途を明記することで承認/否認の判断も効率化。誤使用リスクも下がり、コンプライアンス強化を実現。


space 担当者の声 素材/制作データをCIERTOで一元管理し各部署に向けてオンラインで共有できる環境が整ったことで、制作部の業務効率向上、営業部の提案活動の効率化など会社全体のパフォーマンス向上に良い影響が出ています。 Webブラウザ上でデータにアクセスできるため、テレワークで業務を行う際にも必要なデータをいつでも確認・取得でき、大変役立っています。 space

事例の詳細や導入製品に関する資料もご用意しております!
ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!

ダウンロード
資料請求