株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Topics

トピックス

2021年06月04日

【大成建設様導入事例ご紹介!】情報共有プラットフォームの環境構築で実現するデータ資産価値の向上&活用強化

この度、大成建設株式会社様に
デジタルアセット管理システム「CIERTO」を導入
いただきました。

同社設計部門ではプロジェクトデータや画像などの様々なデータが点在し、社員間での情報共有に時間を要する状況でした。
そこで今回「全員がここを見れば必要なデータがある」という状態を作れるデータの一元管理システムとしてCIERTOを導入頂きました。

6月18日(金)には、大成建設ご担当者様による事例紹介セミナーを開催いたします。
ユーザー様の生の声をお聞きいただける貴重な機会となりますのでぜひご参加ください!

      ご興味をお持ちの方は以下バナーよりお申し込みください!

大成建設様による建設業界におけるDAMソリューション導入成功事例ご紹介セミナー
導入前の課題
  • 各々が所有するデータは機微な情報が含まれるケースが多く簡単に共有できる場がない
  • ファイル名のみ検索可/データ参照環境に制約ありと言ったような不便な環境である
  • 過去掲載写真などの二次利用の際に関係者へ使用許可を都度、確認する必要あり
導入後の解決
  • アクセス権やダウンロード権など適切な権限設定により共有可能な資産の数が増加
  • 検索性向上&各デバイスからアクセス可能により全国拠点とのデータ共有が実現
  • データの許諾情報の適切な管理や厳選された情報の共有により二次利用を効率化
 
1

セキュリティを保った適切な
データ共有環境を構築

セキュリティを保った適切なデータ共有環境を構築

二次利用不可のコンテンツや機微な情報に透かしを表示させたり、ダウンロード制限をかけることで不正利用を防止。誤使用リスクや担当者に確認する手間なしにデータを使用できる体制が構築。


 
2

各種デバイスで全国拠点からアクセス
&ナレッジシェアを実現


社内PCからのみアクセス可能だった環境から、PC・iPadなどオンラインでアクセス、全国の支店メンバーにもデータ共有が可能になったことで、ナレッジシェアを実現。
 

 
3

データの一元管理・メタデータ登録で
必要な情報を即座に活用可能

豊富なコンテンツと関連キーワードをCIERTOに登録しておくことで、キーワードを入力するだけで求める情報がヒット。設計社員がアクセスしてそれぞれの観点から検索し、
情報を得ることが可能に。


 
4

豊富な動画機能の活用&オンライン共有で閲覧・確認作業を効率化


社内で開催される講習会の動画をCIERTOで共有。サムネイルの内容やシーンコメントからどのあたりでどんな話をしているかの把握・確認作業の効率化に繋がっている。
 

space 担当者の声 CIERTOなら綺麗なプレビュー一覧で閲覧・検索がしやすく、元々あったコンテンツを資産として社員が効率的に活用できる環境が整ったと感じています。設計部門として品質へのこだわりを持ち常に上を目指すために、品質を確保し、プラスアルファの技術提案をしていきたいと常に考えています。 space

事例の詳細や導入製品に関する資料もご用意しております!
ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!

資料請求
今後も、皆様のビジネスにお役立ち出来れば幸いでございます。
ご一読、ありがとうございました!