株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Topics

トピックス

2019年02月04日

RPA機能を搭載したターボサーバーEXPRESS新バージョンをリリース!定型業務の自動化で働き方改革を強力にサポート!

ターボサーバーEXPRESS 新バージョンリリース!定型業務を自動化するRPA機能搭載で生産性向上・働き方改革を強力サポート!
スマホ対応で時短につながるモバイルワークを実現!
space
space この度VPJは、RPA(定型業務自動化)機能を搭載した”新・ターボサーバーEXPRESS”を リリースいたしました!属性情報変更やデータアップロードなど特定の操作をキーにして データの移動・削除や関係者へのメール通知など様々な定型作業を自動化できます。
また、新・ターボサーバーEXPRESSはスマートフォンに対応しているため、時短につながるモバイルワークによりRPAのメリットをさらに加速することが可能です。

日々の業務内で繰り返し行われる定型作業を自動化することで 余剰なアナログ作業を大幅に削減できるため、無駄な残業時間やコストの削減を実現します!
space
space
印刷会社のビジネスを成功に導く「ターボサーバーEXPRESS」とは?
space
space 制作環境の合理化と顧客サービスによる売上拡大を実現する制作ワークフローサーバーです。
フルマウント制作とオンラインワークフローを組み合わせることで制作プロセスとコンテンツを集約でき、生産性向上とコスト削減を実現します。また、顧客のニーズに応じたサービス展開により印刷/制作以外の付加価値を提供し、長期的なビジネス継続、売上アップを実現します。
space
space
印刷会社の「働き方改革」を強力にサポート!定型業務を自動化すRPA機能をご紹介
space
space 属性情報の変更やタイマー設定、アップロード/ダウンロードなど特定の操作をキーにして、 ファイルの移動やコピー、関係者へのメール通知などの定型作業を自動化することが可能です。
画像補正の分野では、画像の入稿をキーにして画像の品質チェック・解析、補正・加工処理、 指定フォルダへの保存まで、一連の画像加工フローを自動化できます。

部署間でのデータの引き継ぎや顧客との連絡通知、大量の画像の加工処理など 定型作業を自動化することで、漏れやミスのない効率的な業務フローを構築できます。
space
定型業務を自動化するRPA機能

<オートメーション例>

  • フォルダにデータがアップロードされると制作担当者へ自動でメールを通知
  • 制作データの「承認」欄にチェックが入ると最終PDFが”校了フォルダ”へ移動
  • 撮影写真が入稿されると解析、品質チェック、補正・加工を経て指定フォルダへ保存
ターボサーバーEXPRESS 資料請求はこちら
space

本メールでご紹介した”新 ターボサーバーEXPRESS”は、
2/6から2/8に開催される「page2019」にてご紹介いたします!

会場へお越しの際はぜひVPJブース(D-4)へお立ち寄りください!

page2019 VPJ出展情報 特設サイトを見る
space
space