株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

censhare

censhare

  • デジタルマーケティング(CMS)


    censhareでは直感的なエディタを使用して誰でも簡単に様々なチャネルに向けたコンテンツを制作し、Web・アプリ・プリントに向けた配信を行うことが可能です。高性能な翻訳機能も搭載しているため多言語コミュニケーションの活性化もサポートします。一つのプラットフォームでコンテンツの制作・タイムリーな配信を行うことが可能なため、デジタルマーケティングの強化やコスト・工数の大幅な削減が実現します。

    コンテンツエディタ

    WebサイトやSNS、プリントメディアに配信するためのコンテンツをエディタを使用して簡単に生成することが可能です。様々なチャネル・デバイスに最適化されたコンテンツを生成でき、制作・編集作業は出力先のプレビューを表示しながら直感的にを行うことが可能です。編集中のコンテンツには排他制御がかかるため、同時編集を防止します。

    コンテンツエディタ
    データベース組版

    InDesginベースのテンプレートを使用し、Webブラウザ上のレイアウトエディタで誰でも簡単に高品質なカタログ・チラシ・雑誌等のデータベース組版を行うことが可能です。画像や商品情報などcenshareで管理されているコンテンツをテンプレートに対してドラッグ&ドロップするだけでレイアウトへの配置を行うことができます。InDesignサーバーと連携しているため、完成したInDesignからのPDF生成や、編集後のレイアウトデータの解像度が基準を満たしているかなどのチェックを自動で行い、エラーを検知することができます。 制作中のレイアウトデータに対してコメントや注釈指示を登録することも可能です。全体レイアウトの確認や広告の配置、紙の種類の設定などの印刷の企画・管理も行えます。

    データベース組版
    InDesignプラグイン

    InDesignプラグインからマスターデータを開き、censhareで管理されている情報を直接呼び出して編集・制作作業を行うことが可能です。組版でInDesign上に配置した情報はcenshare上のマスタ情報との相互連携を保っているため、InDesign側で情報を変更した際にcenshare上の情報に対してアラートを表示させたり、自動で修正内容を反映させることも可能です。

    InDesignプラグイン
    WebCMS

    コンテンツエディタを使用し、Webサイトやコミュニティーサイト、社内ポータルサイトなどのWebサイト制作を行うことが可能です。画像や商品情報などアセットをドラッグ&ドロップするだけで簡単に編集作業を行うことができ、実際の画面プレビューを確認しながら制作を進めることが可能です。また、ターゲットルールに従い、ユーザーの役割に合わせてパースナライズされたコンテンツを配信することが可能です。最新式のトラッキング機能が搭載されており、分析ツールと連携することも可能です。HTML・CSS・JavaScriptをサポートしており、多くのウィジェットを搭載しています。

    WebCMS
    SNSコンテンツ配信

    Facebookやtwitter、youtubeなどのSNSサービスと連携することで、censhareで管理しているコンテンツを元に記事を作成して、即時もしくは時間指定で配信することが可能です。twitterで発行した情報のフィードバックを再度facebookへ配信することに使用することもできます。「いいね」の数などがリアルタイムで反映され、統計データを可視化することが可能です。

    SNSコンテンツ管理
    CMS/APP/POS連携

    CMSやアプリケーション、 POSシステム、ニュースレター配信システムと連携することでシームレスにコンテンツを配信することが可能です。任意のXMLフォーマットに合わせた自動変換やHTMLのエクスポートも可能です。RESTインターフェースにも対応しています。

    CMS/APP/POS連携
    配信先外部システムとのシームレスな連携
    WebCMSやモバイルアプリ、 ニュースレター配信システムなどの外部システムと連携し、シームレスにコンテンツを配信することが可能です。任意のXMLフォーマットに合わせたコンテンツの自動変換やHTMLのエクスポートも可能です。
    マスタ情報変更時の自動更新

    censhareではマスタコンテンツをもとにして配信を行います。ダイレクト配信の場合はマスタコンテンツの情報を直接呼び出してメディアへ配信するため、マスタコンテンツの内容が変更されるとWebやアプリなどの配信先コンテンツも自動で変更内容が反映されます。これにより複数メディアにおける情報更新作業が不要になります。マスタコンテンツをコピーして配信する場合は情報更新のアラートが表示されるため、更新漏れを防ぎます。

    マスタ情報変更時の自動更新