Visual Processing Japan

Visual Processing Japan

VPJについて

VPJの強み

大手企業と互角に戦える、新たなマーケットでのビジネス。
カタログ・雑誌・Webなどコンテンツ制作環境に向けて、IT技術とノウハウを提供する。

Only1そしてNO1

VPJは、カタログ・雑誌・映像・Web・スマホ・タブレット等、あらゆるメディアへ向けたコンテンツ制作を支援する仕組みを提供しています。 コンテンツ制作工程におけるワークフローのデジタル化は始まったばかりです。

コンテンツ制作関連のアプリケーションは欧米のベンチャー主導で動いており、VPJの役割はこれらのアプリケーションと連携し生産性の高いソリューションをお客様に提供することです。 VPJは設立以来この分野で活躍する海外のベンチャー企業と密接な協力関係を確立しており、独自の開発力をベースにいち早く国内のマーケットに最新のソリューションを提供しています。

前例のない新しいマーケットを開拓していることで大企業にも負けないOnly1・No1のポジションをキープすることが可能であり、今後のゴールでもあります。

決して下請けは行わない。
若手中心のチームが一丸となり、大手企業へ一貫したサービスを提供する。

プライムコントラクター(元請け)と継続性

VPJは、カタログ・雑誌・映像・Web・スマホ・タブレット等、あらゆるメディアへ向けたコンテンツ制作を支援する仕組みを提供しています。 コンテンツ制作工程におけるワークフローのデジタル化は始まったばかりです。

VPJは、自社が扱うプロダクトをベースにネットワーク、ハードウェア、ミドルウェアを統合し、システムとしてお客様に提供しています。これをシステムインテグレーションといいます。

VPJのシステムインテグレーションは海外・国内の様々な企業との協力関係で提供されますが、全て導入する顧客からの直接受注で進めており、他企業からの下請けは一切行いません。得意とするコンテンツ制作分野というマーケットでは競合を排し、大企業とも十分に戦えます。 少し特殊なこの分野において、導入前のシステムコンサルティングからインテグレーション、教育、サポートまで一貫したサービスを提供できる企業は多くありません。

VPJは常にお客様のニーズに沿った製品開発や優れたサービスを提供することにより、10年以上の取引になる企業はなんと100社を超えています。VPJの顧客は現在約400社、これらのお客様とさらに新たなお客様との、永続的な取引を目指しています。