Visual Processing Japan

Visual Processing Japan

職種・社員紹介

社員紹介 マーケティング・セールス

社員紹介 マーケティング・セールス 谷本 真基

なぜ、VPJに決めたのか。

就職活動中の自分を思い返すと、会社選定の軸としてあったのが「広告マン!」。 身近にいるかっこいいと思う先輩や尊敬する大学教授が広告代理店に在籍していたこともあり、考え方の一つ一つが常に新鮮で驚かされる瞬間が非常に多く、いつの間にか憧れに変わっていた広告マンの人たちと仕事をしたいとまで思っていました。VPJの面接は正直な気持ちを語りすぎて、なぜ通過出来たのかいまだに分かりませんが、最終面接で言われた「谷本くんは広告が好きなの?それとも広告を作っている人が好きなの?うちでなら広告マンと対等に仕事が出来る。」という言葉がとても印象に残っています。”その業界にいないと広告に携わることは出来ない”と思っていた固定観念が変わり、視野が広がった瞬間でもありました。VPJで行う営業活動のほとんどはメディア<媒体>業界に関わる企業への提案です。雑誌などの出版業界を志している人やインターネットを通した業界を志している人など、メディアに興味がある人は、どういったところに魅力を感じているのかもう1度考え直してみることをオススメします。メディアは幅広いし、奥も深い。その分、視野が広く深い人間に成長できるのが僕らの仕事です。

壁は大きいが「理想の自分」になれるし、超えられる!

入社してからも、「広告の仕事がやりたい!」と繰り返し言っていたことも影響しているのか、いまでは導入事例にあがっているような大手広告代理店の会社を担当させてもらっています。新たな広告代理店にも訪問して提案につなげられるような活動をしたりと、もちろん全部ではありませんが1年目から社内でコミュニケーションを怠らず主張すれば実現できることがたくさんあるのがVPJの魅力です。 やりたい!と簡単にいっても、プレッシャーも大きく直面する課題も大きくて、こなさなければいけないことは想像以上にたくさんありますが、理想の社会人になれる環境が与えられていて非常に恵まれていると思います。1つの理想に留まらず様々な業界を通して得られる幅広い発想や主張が出来る人間になっていくことで、視野が狭かった自分が描いていた理想を大きく超えられる人間に成長していけるのがVPJの特長です。

VPJは本当に一人一人の社員のことをよく見てくれる会社

社内の風通しは本当によいと思います。全社員で毎週行う会議の場だったり、飲みの場だったり、いろいろな場面で部署を越えて良いところやダメなところを言い合えていると思います。驚くかもしれませんが、VPJでは先輩社員だけではなく、社長である三村さんも私たちに直接アドバイスや仕事の指導をしてくれることも多いんです。新人の自分のこともきちんと見てくれていると実感しますね。VPJは本当に一人一人の社員のことをよく見てくれる会社だと思いますね。

就職活動中の皆さんにメッセージ!

学生時代に熱心に取り組んでいた広告の勉強を通して、見た人がどう感じるか「客観的な視点をもつ」ことが大事だと学び、発想が陳腐で主観でしか語れなかった自分が、他人の考えや行動に興味をもつようになりました。学生時代に過ごした時間がいまでもプラスになっていると感じています。 VPJのビジネスはお客様が業務で抱えている課題に対してITを駆使して解決策を提案していくことです。これが簡単なようで難しい。お客様によって環境や業務フローも異なり抱えている課題も三者三様です。まず第一に相手に興味をもつことが重要で、何に困っており、どうすれば便利になるのか、「相手に興味津々」になって出来るだけ多くの課題を聞き出し、まだ気付いていない課題も見つけ出していきます。課題の数だけ提案できるビジネスが転がっているので、常にアンテナを張って、ビジネスチャンスを逃さないという部分では、些細なことにも気付くようにしていた学生時代の意識がプラスにつながっているのかなと思っています。 いま、学んでいることや取り組んでいることの中に社会人になって活かせることがたくさんあると思います。出来るだけ多くの経験をするのはもちろん、些細なことでもそこから何を得たかを見つける積み重ねがどの仕事をする上でも自分の武器になっていくと思います。就職活動も学生生活も自分にプラスになるような時間を過ごしてください。