Visual Processing Japan

Visual Processing Japan

職種・社員紹介

社員紹介 コンサルティング・サポート

社員紹介 コンサルティング・サポート 外間 政貴

入社の決め手はオフィスや社員の雰囲気の良さ

私は沖縄出身なので、いつか地元に帰ることも視野に入れて沖縄にもオフィスがある会社を探していました。当時、就職活動で10社以上の説明会に参加していましたが、VPJのオフィスのオシャレでかっこいい雰囲気に驚きました。説明会で話をしてくれる先輩社員の人柄や会社の雰囲気、会社が掲げるコンセプトなどが他の会社とは違っていて「この会社で働いてみたい」と感じ、エントリーしました。これは沖縄県民特有の感覚かもしれませんが、東京で就職することに対してやや気後れしてしまう時があり、就職先を決めるにあたって人間関係が重要だと思っていたのですが、VPJで出会った先輩社員や採用担当社員はもちろん、面接を担当してくれた役員や社長である三村さんも自分と目線を合わせて話してくれてとてもフレンドリーで、VPJなら人間関係に何の心配もないと判断して入社を決めました。

「年次に関係なく仕事を任せてもらえる」というのは本当だった

入社前にVPJの採用サイトの先輩インタビューで「VPJは年次に関係なく仕事を任せてもらえる環境」と書いてあるのを読んでいたのですが、内心では「とはいえ責任がある仕事はしばらく任せてもらえないだろう」と思っていました。ですが実際には、私も1年目からVPJの主力製品であるCIERTOの製品担当を任せてもらったり、新規の案件でメイン担当者としてお客様のコンサルティングを行ったりと責任のある仕事を担当させてもらいました。まだ入社3年目ですがとても多くの経験ができていて、とても恵まれていると感じています。
VPJは会社の中での自分の役割が明確で、言い換えれば自分のミスが会社に影響を与える可能性もある環境だと思うので、責任感を持って一生懸命仕事に取り組んでいます。責任感の裏にはプレッシャーもありますし、一人一人が担う役割が大きい故の大変さももちろんありますが、上司や先輩が精神的にも技術的にも丁寧にフォローしてくれるので、くじけることなく前向きに仕事ができています。製品に不具合が生じ、それを解決する為に営業部や製品企画部の責任者と打合を行い、解決策をお客様に説明するなど奔走した経験もありますが、こういった経験を積みながら自分の中の責任感が大きくなったんだと思います。

風通しの良さやビジネスのスピードの速さがVPJの凄いところ

私はシステムコンサルティング部に所属しているので、お客様から直接要望や意見をいただく機会が多くあります。お客様から受け取った要望やシステムの不具合などの情報は製品の開発を行う製品企画部門へすぐに伝達し、製品企画部では解決方法の調査や改修などの対応を進めます。営業部の協力が必要な場合は相談し、お客様へのフォローに入ってもらうこともあります。VPJは部署間の壁がなくコミュニケーションが取りやすい環境なので、他部署や他拠点の社員にも気軽に質問ができて円滑に仕事を進められています。風通しが良い環境やビジネスのスピードの速さがVPJの凄いところだと日々感じています。
入社前に採用説明会でVPJのコンセプトである「自立と継続」の話を聞いたときは、今あるものを守り続けるという保守的な印象を受けていたのですが、実際には変化の速いマーケットの需要にこたえる為に自社で製品を開発したり、ドイツやベルギー、アメリカやカナダなど欧米の先鋭ベンチャー企業との共同プロジェクトを立ち上げたり、様々なチャレンジをしている、アグレッシブな会社だと実感しています。

お客様から「ありがとう」と言ってもらえると嬉しい

システムコンサルティング部ではシステムの導入や要件定義、運用の立ち上げ、運用後のサポートなどを担当しています。お客様の環境にシステムを構築し、実際に運用が始まってシステムを使う中でメリットを感じてもらって、「ありがとう」と言ってもらえるとやっぱり嬉しいですね。システムの仕様とお客様のやりたいことにズレがあり運用がスムーズにいかないこともありますが、コンサルの視点で課題の解決方法やお客様の要望を叶えられる提案を考えて伝え「それでいきましょう!」とお客様に受け入れてもらえると、しっかりコンサルティングができていると実感ができてやりがいがあります。

以前、お客様から事前に頂いていたシステムの要望と、実際に納入した製品の仕様に完全に一致しない部分が出てきてしまい、お客様の当初の要望をどの様に実現するかという問題に頭を悩ませた事があったのですが、製品開発部や営業部など社内の沢山の人に協力してもらってなんとか解決できた、ということがありました。
その当時にやり取りをさせて頂いたお客様には課題解決に真摯に取り組んだ事を評価して頂き、日々のお客様とのやり取りから今では信頼頂いていることを感じることが出来る点にやりがいを感じます。お客様から「外間さん、ありがとう」と感謝の言葉を頂けた際にはお客様といい関係を築くことができたことが実感でき嬉しく感じます。

就活中の学生へのメッセージ

大手だからいい会社、みんなが知っているからいい会社、というわけではないと思いますし、たとえ大企業に入社したとしても、やりたくない仕事をしなければいけなかったら長続きしないかもしれません。僕の場合は人間関係という軸を持って会社を選びましたが、環境や人、会社の方針や仕事内容など、どんなことでもいいので自分の直感を信じて”良い!”と思った会社や興味を持てた仕事を選んだら良いと思います。そして、残りの学生生活では、自由な時間がある今のうちにしかできない経験をしていくことで、社会人になってからの価値観が変わるかもしれません。今の時間を大事に、自分の興味のあることに取り組んだり沢山旅行に行ってみたり、多くの経験をしておいて損はないと思います。