Visual Processing Japan

Visual Processing Japan

職種・社員紹介

社員紹介 カスタマーサポート

社員紹介 カスタマーサポート 屋比久 知美

“教えてくれる環境が整っている”と感じたのが入社の決め手

私は元々は東京で働いていたので、Uターン就職として沖縄のIT企業を探していました。ソフトウェア企業のサポート職というのは未経験の分野でしたが、一緒に働くサポート部門のメンバー数が多いことや、社員同士の仲の良さが伝わってきたことなどから「VPJなら教えてくれる環境が整っていて安心して働けそう」と感じたことが入社の決め手です。
実際に入社してみて、和気藹々としていて分からないことがあれば近くの先輩に気軽に質問ができる雰囲気なので、入社初期のOJT期間はもちろん実際に一人立ちしてからも放っておかれることは一切なく、周りの先輩や上司に助けてもらいながら楽しく仕事ができています!

お客様にありがとうと言ってもらえると嬉しい

カスタマーサポート部門では、VPJの製品を導入しているお客様からのお問い合わせに対して原因の調査や解消方法の特定などを行います。お客様ごとに問い合わせ内容が異なるので、一件一件しっかりお話を伺って調査をして対処方法を考えます。解決策や対処方法をお伝えしてお客様が困っていることを解決する道筋を作っていくこの仕事は、とてもやりがいがあります。自分が提案した内容に対してお客様から「助かった、ありがとう」と言ってもらえるときは嬉しいですね!
サポート部に対して"淡々と仕事をする"というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際にはお客様とも密接に関わりますし、部内の先輩や営業部、製品企画部など拠点を超えて多くの人と連携して調査を進めて解決法を探していくので、人とコミュニケーションをとる機会がとても多いです。日々の業務を通して自分のIT知識の向上に繋がったり、自分自身の考える力や相手に説明する力がついたり、成長が感じられる環境だと思います。

社長も含めて社員同士の距離が近い

社員一人一人が本当に優しい、というのがVPJで働き始めて感じたことでした。質問をしたら一緒に考えてくれたりフォローしてくれたり、みんなで助け合う環境があります。社長の三村さんが沖縄オフィスに出社する時にはみんなで一緒に飲みに行くこともありますし、社長を含めてみんなの距離が近い会社だと思います。
VPJでは役員会を社員が傍聴することができるので、会社の経営状況をリアルタイムに知ることができて自分もVPJの一員としてビジネスに参加している実感がすごくあります。自分の考えていることを発信しやすい社風なので、会社が良くなるきっかけを自分から作ることができますし、提案に対しての意見も聞かせてもらえるので納得して仕事ができています。

オンもオフも充実できる環境

月水金はノー残業デーで18時終業なので、早く帰って自分の好きなことをしたり、都合が合う人で飲みに行ったり、オフィスの隣の焼肉屋さんで食事をしたり、オンもオフも充実できています。毎週、タスクを整理して週ごとのスケジュールを組むので、比較的自分の都合に合わせて調整がしやすく自分の時間をしっかり取れる環境です。
社会人になると、仕事だけで毎日が終わってしまうイメージがありますが、VPJはプライベートな時間を取りやすかったり、自分のやりたいことを汲み取ってくれたり、働かされているという気持ちになることは一切なく、働きやすい会社だと思います!