株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

一括画像加工/処理ソフトClaro

一括画像加工/処理ソフトClaro

  • 他システムと一線を画す画像解析&品質チェック


    Claroは画像を解析し、解析結果に基づいて画像の自動補正を行います。 様々な情報をもとに補正前の画像が解析され、Claro独自のアルゴリズムを用いて自動で画像補正処理が行われます。事前に画像を解析することにより一律の補正ではなく解析結果から計算された画像に適した補正を行えるため、品質・精度の高い画像処理が実現します。

    他システムと一線を画す画像解析&品質チェック
    • CMYKに変換する処理に
      PNGファイルを指定した場合

      Photoshop

      Photoshopの場合
      フォーマットが合わずエラー処理


      Claro

      Claroの場合
      PNGをPSDファイルなどのCMYKに対応しているファイルに変換してから処理


    • 大量の画像の
      カラートーン補正を行う場合

      Photoshop

      Photoshopの場合
      すべての画像に対して一律のトーン補正


      Claro

      Claroの場合
      画像を分析し、各画像に最適な値を自動判別して補正


    利用目的に応じて最適化された画像処理オートメーション


    ホットフォルダをベースに画像処理の自動化を行うアプリケーションです。各ホットフォルダに処理設定を行い変換チャネルとして利用します。用途別に複数の変換チャネルを用意し、利用目的に応じた画像処理を全自動で行うことが可能です。

    CMYKからRGBへの色空間変更
    ICCプロファイルを持たない画像、または異なるICCプロファイルが指定された画像を自動的に解析し、出力デバイスに合わせたICCプロファイルを自動的に埋め込み、各カラースペース毎(RGB,CMYK,グレースケール)に色空間を変更することが可能です。
    色補正

    Claroでは色域設定を指定し、スキントーンやグリーントーン、ブルートーンなど自動的に判別しマスキングを行うことが可能です。指定した色以外の領域に触れることなく自動処理が可能です。

    一括画像加工/処理ソフトClaro:色補正
    一括画像加工/処理ソフトClaro:色補正2
    画像解析&品質チェック

    Claroでは一定の品質レベルを登録することで、品質に達していない問題のある画像を自動的に検知することが可能です。品質レベルの設定は、カラーバランス、明るさ、シャープネス、ノイズといった値のほか、ICCプロファイルが埋め込まれているかや赤目補正が適用されているかどうかなど様々な画像解析を元にした品質チェックが可能です。

    一括画像加工/処理ソフトClaro:画像解析&品質チェック
    サイズ変換

    設定されたDPI値に合わせたサイズ変更や再サンプルの自動化が可能です。再サンプル処理に関しては、常に処理を行うか、ダウンサンプル時のみ、もしくはアップサンプル時のみ適用するなど利用ケースに合わせて設定することが可能です。その他にもEXIF情報に基づいた方向変更や最大画像の定義を行うことが可能なため制作効率を大幅に向上します。

    XMP埋め込み

    画像解析時に画像の作成者/所有者/クレジット/著作権保持者/キャプション/カテゴリなど、画像のXMP(IPTC)タグに対して任意の属性情報を埋め込むことが可能です。画像に対して特定の属性情報を一括で登録できるため、画像管理のためのメンテナンスを削減します。

    ウォーターマーク機能

    画像処理時に任意のウォーターマークを画像に埋め込むことが可能です。著作権がある画像に対して不正利用やコピーによる複製を回避するためのサンプルデータを作成することが可能です。

    一括画像加工/処理ソフトClaro:ウォーターマーク機能