Visual Processing Japan

Visual Processing Japan

Career Policy

職務職階制度

VPJでは、「職務職階制度」という年齢や性別、新卒若しくは中途といった採用形態などに捉われない公平で客観的な評価制度を採用しています。

職務職階規定では、各職階(職責)に求められる要素が詳細に定められ、適用される年俸額と共に全社員に公開されています。

また、四半期ごとに社員一人一人が3か月間の活動を振り返り、次の3か月間の活動計画を上司と共有する面談の機会が設けられており、職務職階基準に基づいて客観的な評価がなされます。

昇給昇格は年一回ですが、実績に応じて半期で昇格するケースもあります。

この様にVPJでは人事評価基準が明確に定められ公開されていることから、自身の思い描く将来のキャリアパスに対する道筋を明確に把握することが可能です。