株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

導入事例

Case Studies導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社LIXIL住宅研究所様

株式会社LIXIL住宅研究所様


株式会社LIXIL住宅研究所
株式会社 LIXIL 住宅研究所
FC 本部 FC 販売促進部 係長
十塚 朋樹 様
株式会社LIXIL住宅研究所

デジタルアセット管理で実現する生産性向上と働き方改革

- コンテンツの一元管理と検索・共有の効率化で余剰作業を大幅削減 -

導入前の課題
株式会社LIXIL住宅研究所は、新築事業を起点として顧客のあらゆる住生活ニーズにワンストップで応える日本最大規模の住宅フランチャイズチェーン(FC)です。全国にFCを展開する同社は、カタログやチラシ、CM、Web、販促品など様々なコンテンツを制作し、加盟店に提供しています。CIERTO導入以前は、カタログやチラシなどの制作・改訂が完了したタイミングで制作会社から校了データと使用した画像、確認用のjpegデータをDVDで納品してもらい、社内で保管していました。社内・加盟店からのデータ提供依頼の際には「このカタログのこの画像」という指定に沿って、該当カタログのDVDを読み込んで1点1点画像を確認しながら必要なデータを選択し、Photoshopを用いてフォーマットをjpeg形式に変換し、ファイル便を使用してデータを提供していたため、対応の手間や提供までの待ち時間が発生していました。

「ページ数が多いカタログだとDVDが複数枚に渡り、該当素材の検索だけでもかなりの手間がかかりますし、DVDの破損や紛失によりデータが使用できなくなるリスクも抱えていました。制作会社が保管しているデータを提供してもらう際には口頭でイメージを伝えて画像を探してもらっていたため、中には一枚の画像を探すのに2時間かかるケースもありました。このようにデータの取得や社内外の制作スタッフとのコンテンツ共有に余剰な手間や時間がかかる非効率的な管理体制に課題を抱えていました。」(十塚様)
システム選定の流れ
「素材の二次利用が多いにも関わらず、データ検索の負荷や待ち時間により効率的に作業が進まず、最適なデータ管理体制とは言えない状況でした。また、カタログベースでのデータ管理から脱却することでカタログ掲載画像以外にも角度違いの画像やモデル画像、過去の撮影写真など様々なコンテンツを効果的に使い分けて制作の幅を広げていきたいという思いがありました。こうした背景から、画像や映像、チラシやカタログの制作データ、営業ツールなど、当社の資産となる膨大なコンテンツを適切に管理し、社内外で同じ画像を閲覧しながら効率的に情報を共有できれば質の高いコンテンツを生み出すことができると考え、システムの検討が始まりました。

当社ではInDesignやIllustratorなどAdobeのデータを多く取り扱うため、CIERTOが多様なフォーマットに対応している点を高く評価しました。他にも、検索性の高さや画像変換、InDesignのリンク画像収集、ゲストデリバリーといった豊富な機能が搭載されている点など、当社が求める要件を満たすサービスであると感じCIERTOの導入を決めました。当初はフルスクラッチでのシステム導入も検討しましたが、バージョンアップや環境の調整等から現実的ではないと判断し、クラウド形式のサービスを選択しました。」(十塚様)
あらゆるコンテンツの一元管理と効率的なデータ検索・共有で業務効率向上
同社ではCIERTOにあらゆるコンテンツを集約し、効率的にデータの検索・共有が行える環境を構築しています。
「制作会社とのデータ受け渡し方法を変え、データ納品の際には校了データと素材データをCIERTOに登録してもらっています。データが登録されると自動でプレビューが生成されるため、InDesignやPhotoshopなどのクリエイティブデータも、社内外どこからでもWebブラウザ上でデータのイメージを確認できるようになりました。InDesignのデータに関してはリンク画像の一覧をブラウザ上で確認でき、必要なデータを簡単に取得できるのでとても便利です。管理しているコンテンツには商品名や仕様、モデル情報、画像の色情報、使用可能期限などの関連情報をメタデータとして登録しています。メタデータやテキスト本文を対象にして効率的にデータを検索・取得できるようになったので、コンテンツ活用の幅も広がりました。

社内や加盟店へデータを共有する際には、画像変換やゲストダウンロード機能を活用しています。印刷用の高解像度データをjpeg形式に変換して受け渡す必要があるため、CIERTOで画像のフォーマットやサイズの変換、一時的なダウンロードURLの発行まで簡単に行えるようになったことで、共有の手間が格段に削減されました。複数のカタログをまたいでデータを共有する際は複数のデータをコレクション(お気に入りフォルダ)に集め、まとめてダウンロードさせることができるので、一つの画面上で選定・収集・共有を行うことができて作業が非常に楽になりました。今後は商品仕様変更の際のデータ利用期限管理によるダウンロード制限なども行い、コンテンツの適切な管理・コントロールをしていきたいです。」(十塚様)
導入後の効果
「CIERTOによるコンテンツの一元管理が実現したことで、コンテンツの管理や検索、共有、再利用などで生じていた余剰な工数や待ち時間を削減できた点が一番の導入メリットだと感じています。一人一人の業務効率が上がることで全社的な生産性向上に繋がるので、働き方改革の一環としても効果があると感じています。制作会社側からも、確認用のjpegデータ作成やDVDへのデータ保存作業が不要になり、オンラインでデータを共有できるようになったことで作業時間が圧倒的に減ったという意見をもらっています。制作会社とのやりとりにおいても、CIERTOを介してビジュアルで情報を共有できるようになったことで認識のズレがなくなり制作時の手戻りも削減できています。本部と加盟店で商品のイメージやロゴを共有することで統一した企業イメージを定着させることができ、ブランディングの強化にも繋がると感じています。以前のDVD管理ではデータの破損や紛失のリスクもありましたがCIERTOの自動バックアップにより資産を安全に管理できる環境への移行も実現しました。」(十塚様)
今後の展望
「CIERTOを活用することで加盟店へ向けたサービスを更に強化し、満足度向上に繋げていきたいです。今は加盟店からFAXで画像提供依頼が入り、使用目的などを確認して社内の承認フローが通れば画像を貸し出す、というステップが必要なため、ダウンロード申請機能などを活用して効率的にデータを申請・取得できる環境を構築したいですね。加盟店に渡すコンテンツが豊富になり、いつでも必要な画像を取得できるようになることで加盟店単位の活動が活発になり売上向上に繋がると期待しています。」(十塚様)
株式会社LIXIL住宅研究所について https://www.lixil-jk.co.jp/
株式会社LIXIL住宅研究所は住宅フランチャイズチェーンによる新築事業を起点にリフォーム事業、リノベーション事業、次世代の住宅開発・研究など、「住宅」そのものを領域とするLIXILグループにおける中核事業を展開するフロントランナー企業です。お客様の望まれる暮らしに合わせてアイフルホーム、フィアスホーム、GLホームの3つの住宅FCブランドを展開しており、地域密着のFC加盟店とともにフランチャイズチェーンにて全国展開しています。
関連リンク
CIERTO(シエルト) 製品ページ デジタルアセット管理システム


Pagetop