株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

導入事例

Case Studies導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 大村印刷 株式会社様

大村印刷 株式会社様


大村印刷 株式会社
プロダクション本部
制作部 次長
大野 謙治 様
大村印刷 株式会社

ターボサーバーにより実現するフルデジタルワークフロー

-社内制作から営業支援までをシームレスに統合-

ターボサーバー導入の経緯
同社は 2001 年にターボサーバーを導入しました。システム導入以前、デザイン・画像処理・制作の各部門 が孤立して作業を行っていたことで、部門間のデータは物理的な媒体で受け渡しを行っていました。そのため データの取り違えや膨大な過去データの検索時間の発生などが課題としてあがっていました。しかし、システ ム導入後はネットワークを介し、各部門がターボサーバー上で業務を行うことによりデータが一元的に集約。 データの二重化は防止され、部門間のデータ受渡が効率的に行われています。統一化されたルールに基づきデー タは管理され、ターボサーバーを中心としたワークフローの統合と合理化に成功しています。 「2001 年のターボサーバー一号機導入以降、当社制作部門におけるサーバ運用はほぼ 100%となり、デザ インからプリプレスに至るまでのデジタルデータがすべてターボサーバーに格納されている現状となりまし た。これは、導入以来、1 秒の停止もなく稼働してきたターボサーバーの信頼性の高さによるものであると考 えています。」(大野氏)
また、同社は 2008 年、より一層のターボサーバーの稼働率向上を目的に新サーバへとリプレイスを決定。 同社内の全ての業務がターボサーバーを中核としたフルデジタルの制作環境を実現すると同時に、社外の拠点 や顧客を含めた運用を進めています。
ターボサーバーの運用と導入効果
同社では制作するDTPデータをすべて部署別・用途別に分けて管理し、ターボサーバー上で運用を行っています。編集データはもちろん、校正データの履歴から下版データまで、蓄積された利用ルールは同社のスタッフ全員に浸透しています。そのためルール違反によるデータの消失や取り違いといったトラブルが発生することがありません。また、同社はターボサーバーに蓄積されたデータを在版管理や画像データベースなどの目的別に社内外を問わず運用・活用を行っています。

「Webブラウザで使用が出来るため、特別な教育や準備が必要なく、思い立ったらすぐに実践できる便利さが魅力です。最近では、顧客へのPDF校正が常識化していますが、顧客によってはセキュリティ上、メール添付の容量制限やFTPの利用制限などがあり、送受信に苦慮することもありました。そんな場合はXinetを利用した校正BOXを媒体別に用意し、一斉配信同様の環境を提供して利用してもらいます。説明の必要もなくブラウザで利用出来るため、お客様にも非常に喜んで頂いています。」(大野氏)

特に同社は東京・大阪の営業所を窓口に県外の仕事を積極的に受注されています。お客様と印刷物を作り上げるなか、データの受け渡しや校正といった面でターボサーバーを活用し、顧客の囲い込みツールとして機能しています。 また、同社は印刷物で使用した素材によるデータベースを構築し、自動処理やクロスメディア展開を顧客企業へ積極的に提案しています。ターボサーバーのデータベースは構築や、構築後の調整を自由に行うことが出来るため、顧客企業への提案時、同社はテスト環境を簡単に作成して提案を行っています。
「制作依頼を頂いた印刷データをデータベース化し、そこから発生する自動処理や他媒体展開といったストーリーの提案をパワーポイントの資料だけでなく、Webブラウザ上で実物のデータを確認することからから始めるのは、説得力が違うと思います。思いもよらない運用のアイデアをお客様からいただけることもあります。」(大野氏)
今後の展開
「当社は東京、大阪などに営業所を構えており、首都圏のお客様は大きなウエートを占めています。山口県に制作部門の主力が配置されている関係上、遠隔地に対して迅速にサービス展開を行うことが今後の営業展開に当たって重要だと考えています。そのため、まず社内的にはリモート環境の整備し、プルーフだけでなく制作実務や進行管理情報なども共有・運用できる環境の構築を目指しています。さらに紙ベースの校正フローからオンライン校正、さらに進めて校正バージョンや修正履歴の管理、オンラインでの進捗状況公開など、制作側で提供できるサービスを追求していくことが、営業支援につながっていくと考えています。
InDesignはXMLの対応を標準搭載しており、データベースとの親和性も高くなっています。その上、サーバサイドでの共有ワークフロー環境が現実的になってきました。こうしたソフトウエアの進化に着目すると、今後のワークフローのキーワードは「共有」であることがわかります。当社としては顧客の資産データがしっかり管理されたファイルマネジメントサーバの位置づけがますます重要になってきます。制作だけ印刷だけの請負ではなく、環境を提供できるパートナー企業へ、クライアントに深耕するための中核として、ターボサーバーには重要な役割を期待しています。」(大野氏)
大村印刷 株式会社について http://www.omura.co.jp
大村印刷株式会社は大正10年、山口県防府市に大村印刷所として創業しました。以来、順次工場を拡張し、現在では企画・デザインから製版、印刷、製 本、発送までの一貫体制を確立されている総合印刷会社です。近年は印刷のみならず、WebサイトやFlashムービーなどマルチメディア分野も事業領域と して展開しています。これら多岐に渡る“大村印刷ならではのサービス・ソリューション”を顧客企業へ提供しています。
関連リンク
ターボサーバー 製品ページ 制作ワークフローサーバー


Pagetop