株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年01月18日

VPJ、PAGE2008出展

『ターボサーバーX』を中心とする業界最高峰プロダクトとソリューションの展示・実演

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役:三村博明)はPAGE2008への出展内容を発表致しました。今回は『VPJが提案する新世代サーバベースITソリューション』と題し出展します。印刷ビジネスにおいては需要に対する供給が上まわり単価下落が進むなか、設備ではなくサーバベースのITソリューションを武器にした差別化を提案します。生産プロセスの合理化により実現するコスト削減とクロスメディアに代表される顧客データの二次活用による営業戦略まで印刷ビジネスにおいて理想的なあらゆるソリューションを会場内に設営されたステージ・個別デモスペースにて展示・実演します。また予約制プライベートデモルームでは個別の興味分野や課題に応じたプライベートデモンストレーションを実施します。事前の予約受付を1月21日からVPJホームページ上で開始します。

 

1.AdobeCS3環境とPDFワークフローへの連携を強化
「ターボサーバーX」印刷・広告・出版業界を中心に300台以上の導入実績を誇るワークフローサーバー「ターボサーバー」が「X(テン)」へとバージョンアップしました。PAGE2008、VPJブースにて発表します。ターボサーバーXでは今後、DTP制作フローにおいて主流となるXMPへの対応を中心にAdobeCS3環境との連携が大幅に強化されました。さらに、AdobePDFサーバーと連携したサーバベース標準PDF作成ワークフローを提供。CS3制作環境とPDFワークフローに適応する進化を遂げました。

2.企業内ユーザー向けデジタル資産管理システム「WebNativeSuite」
商品写真・撮影画像・カタログ/広告などはクロスメディア展開へ向けた重要な資産です。これらの制作指示、撮影画像の管理など制作フローの効率化とフォーマット変換といったクロスメディア展開をサポートします。静止画から動画、オフィスドキュメントまであらゆるデータを一元的に管理するソリューションパッケージです。

3.顧客へ向けたWeb印刷受注サービス展開「Press-senseiWAY4.0」
PODからWebtoPrintまでのオンラインプリントビジネスに最適なビジネスフローを提供します。顧客に応じたWebtoPrintサービスからWeb自動見積もり、配送指定までのビジネスプロセスを網羅。また優れたジョブチケット機能により、社内業務の最大限効率化し、理想的で新しいプリントサプライビジネスが実現します。

4.大容量印刷データ転送ソフトウェア「nVerge」
大容量データを運用するプリプレスワークフロー。遠隔制作拠点、印刷拠点、顧客等の遠隔拠点間のオンラインデータデリバリーは制作効率に大きく影響します。nVergeは100GB超のデータ転送実績を誇る独自の転送フレームワーク「WASP」により、プリプレスに最適なデータデリバリー環境の構築をサポートします。

5.PDFワークフローへ向けたオンラインデータ入稿ゲートウェイサーバー「PrintSure」
現実となったPDFワークフロー。データ入稿から出力まで従来のワークフローとプリントビジネスが変わります。PrintSureはインターネットデータ入稿から始まるPDFワークフローの理想的なポータルソリューションを提供します。データ入稿時のPDFプリフライトチェックから入稿データ情報管理、後工程へのシームレスな連携をご紹介します。

6.オンラインプルーフィングワークフロー「DiALOGUE」
DALIMDiALOGUEは従来のアナログ校正のボトルネックを解消する画期的なオンライン校正ソリューションです。汎用Webブラウザからの注釈から校正履歴の管理・校正差分の表示・チャット機能など確認から校正まであらゆるシーンで活用可能です。

7.MacOSX環境へ対応した新・資産管理ソリューション「LogVillage」
エージェントレス』という全く新しい方式で個々の端末に一切ソフトウェアをインストールせずに各端末のログを収集し、使用しているアプリケーションのライセンス数や利用状況の把握から、不正Webアクセスや不正デバイスの利用抑止を実現し、印刷、出版、広告業界において経営者から現場にいたる理想的な資産情報管理を実現します。

関連情報:ターボサーバー

ターボサーバーは、紙面・写真・イラスト・音声・動画など企業が持つデジタル資産を中核に、情報統合と制作プロセスの集約を実現する統合型ワークフローサーバーです。効果的なコンテンツ管理・編集・制作環境の構築により制作ワークフローを効率化し、様々な媒体に向けた配信と情報統合をサポートします。印刷・出版業界における媒体制作の効率化から多メディア配信・情報統合前サポートし、生産性向上とコスト削減を強力に支援します。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp