株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

最新情報

Press releaseプレスリリース

  1. TOP
  2. 最新情報一覧
  3. プレスリリース

2017年04月13日

VPJ、宣伝会議 AdverTimes Days 2017へ出展


企業ブランド力の強化と顧客価値の最大化を実現するデジタル時代の最先端マーケティングプラットフォーム
 ~デジタルエクスペリエンスプラットフォームcenshareによるマーケティング強化と売上促進~

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、2017年4月26日(水)から27日(木)の2日間、東京国際フォーラム(〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1)で開催される「宣伝会議 AdverTimes Days 2017」へ出展いたします。

本展でVPJは、デジタルアセットマネジメント(DAM)や商品情報管理(PIM)、Web/SNS/アプリに向けたコンテンツ配信(CMS)、ブランドマネジメント、プロジェクト管理、マーケティングリソース管理(MRM)など様々なソリューションを一つのプラットフォームで提供するデジタルエクスペリエンスプラットフォーム「censhare」をご紹介致します。デジタル時代の最先端マーケティングプラットフォームにより世界で活躍する流通・製造企業のブランディング強化と売上・利益の増大を実現します。

<出展概要>

日本国内でデジタルマーケティングを強化する動きが広がる一方、企業のマーケティング活動に関わる各部門は専門性が強く縦割りの組織体制になっている傾向にあります。各部門間では円滑な情報共有が行われず、コミュニケーションが阻害されることで多くの余剰業務と機会損失が発生しております。
VPJが提案する「censhare」は一つのプラットフォーム上でマーケティング活動全体を統合的に管理します。コンテンツ制作に関わるデジタルアセット管理から商品情報管理・ブランド管理・コンテンツ配信・プロジェクト管理・リソース管理・キャンペーンマネジメントなど企業のデジタルマーケティングを包括的に支援し、マーケティング全体の最適化を図ります。世界で活躍する流通・製造企業のブランディングを強化し、売上と利益の増大を実現します。

■宣伝会議 AdverTimes Days 2017 VPJ出展情報
http://www.vpj.co.jp/news/seminerevent/adtimedays/index.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
企業ブランド力の強化と顧客価値の最大化を実現する
デジタル時代の最先端マーケティングプラットフォーム
~デジタルエクスペリエンスプラットフォームcenshareによるマーケティング強化と売上促進~

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
censhareは販促に関わるあらゆる情報の統合管理やWeb・SNS・アプリに向けたシームレスな情報配信、国内外拠点に向けたブランドポータルの構築など様々なソリューションを一つのプラットフォームで提供し、流通・製造企業のマーケティング活動の最適化を図ります。

<POINT1>全てのマーケティング情報の統合管理を実現する商品情報管理(PIM)とデジタルアセット管理(DAM)
商品スペックや販売ターゲット、類似商品など商品に関するあらゆる情報の紐付け管理を実現する商品情報管理(PIM)や、画像や動画、HTML、制作データなど様々なコンテンツの一元管理を実現するデジタルアセット管理(DAM)により全てのマーケティング情報の統合管理を実現します。
全ての関係者が常に最新の商品情報を共有することで新たな販売機会の創出を支援します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<POINT2>プリント/Web/SNS/アプリ向けデジタルマーケティングを支援するダイレクトコンテンツ制作・配信(CMS)
プリント/Web/SNS/アプリに向けてシームレスなコンテンツ配信が可能です。
商品情報とInDesign・CMSの相互連携により、マスタ情報を使用したダイレクト配信や情報更新時の自動反映が可能です。
マスタデータを使用した複数チャネル配信が行えるため顧客はどのチャネルからでも同じ体験を得ることが可能になり、デジタルマーケティングを強力にサポートします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<POINT3>グローバル拠点に向けたブランドマネジメント強化
国内外の販売拠点に向けて素材やガイドラインを共有するブランドポータルサイトを構築可能です。
各拠点ごとに、ブランディングの保たれた素材を使用してWeb to Printによるカスタム販促ツール制作などが行えるため、エリア特性に合わせた販促展開を行うことが可能になります。
また、高性能なマルチ翻訳機能によりスピーディなグローバル展開を実現します。

■デジタルエクスペリエンスプラットフォームcenshareで実現するメリット

■企業ブランド力強化
ブランディングの保たれた素材の一元管理・国内外拠点への適切な情報共有により高品質な媒体制作やブランドメッセージの統一を実現します。

■顧客価値最大化
分析情報を基にしたマーケティング戦略やマスタコンテンツを使用したマルチチャネル展開により、どの媒体からでも 顧客の求める情報を効果的に提供することが可能です。

■売上拡大
効率的な販促媒体制作によるスピーディな情報投下や複数チャネルにおける一斉情報配信により、商品インパクトや集客力の強化を実現します。

■業務効率・媒体精度向上
商品情報とInDesign/CMSの相互連携によりマスタ情報を使用したダイレクト配信や情報更新時の自動反映が可能となり、重複作業やミス削減を実現します。

■情報の見える化
外部システム連携やマーケティング情報の統合管理、アセットリレーション構築により顧客情報の分析やデータドリブンマーケティングをサポートします。

■グローバルマーケティング強化
マルチ翻訳による多言語展開やブランドポータルの構築による国内外拠点向け素材共有により地域特性に合わせたエリアマーケティングをサポートします。

関連情報:censhare

censhareはマーケティング活動におけるコミュニケーションを最適化するデジタルエクスペリエンスプラットフォームです。デジタルアセットマネジメント(DAM)や商品情報管理(PIM)、Web/SNS/アプリに向けたコンテンツ配信(CMS)、ブランドマネジメント、プロジェクト管理、マーケティングリソース管理など様々なソリューションをひとつのプラットフォームで提案します。企業のブランド力を強化し顧客価値を最大限に引き上げ、マーケティング活動の最適化を図ります。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp

※記載された登録商標・商標は、それぞれの所有者にその権利が帰属します。記載内容は発表時点のものであり、予告なしに変更される場合があります。


Pagetop