株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Topics

トピックス

2020年02月12日

<事例紹介:新明和工業様>校正・コミュニケーションフロー改善による制作工期50%短縮・制作コスト削減を目指して

数百種類のカタログ制作における校正作業を効率化 校正・コミュニケーションフローの改善による制作工期50%短縮・制作コスト削減を目指して

この度、航空機や特装車などの分野で多数のトップシェア製品を有する新明和工業株式会社様に オンライン校正&コミュニケーションサービス「APROOVE」を導入いただきました。

数百種類のカタログの校正作業をデジタル化したことで 印刷や回覧、転記、取りまとめなどのアナログな作業が大幅に削減されています。
校正担当部門・取りまとめ担当部門・印刷会社全ての作業効率向上が実現しており、 APROOVEの活用により制作工期の50%短縮や制作コストの削減を目指しています。

校正コミュニケーションのデジタル化によりカタログ制作における制作工期短縮・コスト削減を実現
導入前の課題
  • 印刷や郵送、回覧、転記などアナログな作業が多く業務負荷が高い
  • 読みにくい注釈指示に対する判断や担当者への確認に時間がかかる
  • 回覧の進捗がわからず進行状況の確認やリマインド連絡に手間が発生
導入後の解決
 
1

校正フローのテジタル化で
アナログ作業を大幅に削減

プレビュー付きデータ一元管理で誰でも最新データを確認可能

PDFをAPROOVEに登録し関係者へゲスト招待通知を送るだけで複数人が同時に注釈/承認作業を行うことが可能。注釈内容は自動で集約されるため回覧や転記、取りまとめが不要になり作業工数や郵送コストを削減


 
社内外関係者との効率的なオンラインデータ共有 2

ダッシュボードの活用で
校正フローの進行管理を効率化

カタログ校正に関わる全ての担当者の作業進捗をダッシュボード画面でリアルタイムに確認可能。リマインドメールもワンクリックで送信できるため進行管理を効率化

 
3

1000ページ以上のカタログに
各部門からタイムリーに注釈

データの検索・選定・変換まで誰でも簡単にオンラインで実現

1000ページ以上のカタログは約1年かけて改定が行われ注釈指示が膨大な数になるため、プロジェクトを各部門に公開し注釈指示をいつでも入力できる環境を構築。内容重複や転記作業が削減され制作期間の短縮に繋がると期待


space 担当者の声 APROOVEを活用してやりとりをシンプルにして、細かい改善を積み重ねていくことが制作工期の短縮や制作コストの削減を実現すると感じています。自部門の作業効率化だけでなく校正を担当する各部門の作業負荷を軽減することでお互いの信頼を高められたり、コスト意識向上の啓蒙ができたり広い意味での導入効果が出ると期待しています。 space

事例の詳細や導入製品に関する資料もご用意しております!
ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください!

資料請求