株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

導入事例

Case Studies導入事例

  1. TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社JTBパブリッシング

株式会社JTBパブリッシング


コンテンツ一元管理と制作プラットフォームの構築による業務効率化

- 施設情報管理システムとの連携で多メディア展開強化・新たなビジネス展開を実現 -

導入前の
課題

  1. DVDを用いたアナログなデータ管理で必要素材の取得・共有に時間と手間が生じる
  2. 部署間で取材情報を共有できておらず同一施設への取材など余剰工数が発生
  3. 取材した施設情報を資産として蓄積できておらず出版事業以外に活用出来ていない

導入後の
効果

  1. ブラウザ上でデータのプレビュー及び属性情報確認が可能になり検索/取得を効率化
  2. 取材情報のオンライン共有によりWeb/アプリ/紙の制作・編集作業を効率化
  3. 施設情報管理システムと連携し出版事業以外のビジネス展開を強化

編集業務効率化とスピーディなクロスメディア展開を実現する
編集・制作プラットフォーム

コンテンツを一元管理してWebブラウザ上で検索・共有・他媒体へ活用可能な環境を構築

株式会社JTBパブリッシングでは以前、誌面制作で使用したコンテンツや校了データをDVDで管理しており、過去の素材を再利用する際のデータ検索・取得や社内外の関係者へのデータ共有に手間と時間が発生していました。ターボサーバー導入後は画像には施設情報を紐付けてデータベース管理し、校了データや著作権情報、記事コンテンツなど様々なデータを一元管理しています。部署・拠点問わず誰でも自席で必要なデータを検索してプレビュー確認し、取得できるようになったことで無駄な待ち時間や工数を削減でき、間接費の大幅な削減に成功しています。
コンテンツを一元管理してWebブラウザ上で検索・共有・他媒体へ活用可能な環境を構築

編集・制作プラットフォーム構築による制作フローの効率化と編集者の余剰作業削減

同社では制作・編集フローの中核としてターボサーバーを活用しています。制作スタート時にカメラマンやデザイナーなど社内外の複数関係者がアクセス可能な共有作業区画を公開して編集を進行することで、素材データや校了データが自然と集約されます。こうした制作フローにより一元化された最新コンテンツを紙・Web・アプリなど様々な媒体制作へ活用することが可能になりました。以前は編集担当者が社外関係者向けのデータコピーや送付などの対応を行っていたため、データの検索や印刷会社/制作会社とのデータの受け渡しなどの作業がオンラインで行えるようになったことで余剰作業を大幅に削減でき、本来の業務である「企画」へ力を向けられる環境を整備できています。
編集・制作プラットフォーム構築による制作フローの効率化と編集者の余剰作業削減

施設情報管理システムとの連携により紙・Web・アプリへのデータ活用を実現

社内の施設情報管理システムとターボサーバーを連携させ、施設情報を検索するとターボサーバー上の施設写真や施設が紹介されている紙面データなどがプレビュー表示される仕組みを構築しました。これにより事業部間での情報共有が実現し、蓄積されたコンテンツを紙面だけでなくWeb・アプリなど多媒体で有効活用できるようになりました。撮影や取材の重複がなくなり、余剰工数・コストを削減できています。取材情報や紙面コンテンツの統合管理が実現したことで、編集者は施設情報や過去の紙面データを参照しながら企画を進めることが可能になりました。
施設情報管理システムとの連携により紙・Web・アプリへのデータ活用を実現

デジタルコンテンツ販売の仕組みと連携しコンテンツ資産の有効活用を実現

同社では、ガイドブックの制作で集めた情報やコンテンツを資産として蓄積し、出版事業以外でも有効活用できる環境の構築を必要としていました。現在は、自社施設情報管理システムとターボサーバーを連携し、施設情報および画像/紙面データの販売ビジネスを展開しています。コンテンツを購入されるお客様は、施設情報管理システムを経由し、ターボサーバー上の施設情報と施設写真をダウンロードする事が可能です。購入時には画像のサイズパターンを選択してダウンロードでき、画像のサイズ変換にはターボサーバーのエンジンが使用されています。制作素材としての活用にとどまらずコンテンツ資産を有効活用できるようになり、新たなビジネスの確立に成功しています。
デジタルコンテンツ販売の仕組みと連携しコンテンツ資産の有効活用を実現

担当の声

コンテンツ管理に止まらずターボサーバーの活用を進めていき
最終的には日本一の環境情報コンテンツホルダーを目指していきます

出版・デジタル系の分野での情報共有が実現することで誌面制作で撮り溜めてきたコンテンツを出版事業以外のサービスへ展開できる様になるため、デジタルコンテンツ販売自体の品質向上にもつながり、お客様にも評価いただける様になるのではないかと期待しています。旅行業界におけるインバウントビジネスの拡大に伴い、多言語対応などグローバル領域の強化も進めていく予定です。コンテンツ管理にとどまらずターボサーバーの活用を進めていき、最終的には日本一の観光情報コンテンツホルダーを目指していきます。
株式会社JTBパブリッシングについて http://www.jtbpublishing.com/index.html
株式会社JTBパブリッシングはJTBグループの出版情報分野を担う会社として2004年に設立された旅行・ライフスタイル情報サービスのリーディングカンパニーです。「るるぶ情報版」や「JTB時刻表」などドメイン事業である出版分野を中核に、ライフスタイル情報等のデジタルコンテンツ販売、電子書籍サービスなど新たな事業を展開し、市場の変化に合わせて進化を続けています。
関連リンク

ターボサーバー -制作ワークフローサーバー-

ターボサーバーは、紙面・写真・イラスト・音声・動画など企業が持つデジタル資産を中核に、情報統合と制作プロセスの集約を実現する統合型ワークフローサーバーです。効果的なコンテンツ管理・編集・制作環境の構築により制作ワークフローを効率化し、様々な媒体に向けた配信と情報統合をサポートします。印刷・出版業界における媒体制作の効率化から多メディア配信・情報統合前サポートし、生産性向上とコスト削減を強力に支援します。


Pagetop