株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Case Studies

導入事例

株式会社 協和

生産性向上と売上拡大をサポートするデジタルアセット管理(DAM)

- 社内・コールセンター・パートナー企業、関係者全体の業務効率化を実現 -

導入前の
課題

  1. パートナー企業へ向けたデータの共有・やり取りに手間/時間がかかる
  2. 販促資材の検索に時間がかかりお客様対応で無駄な待ち時間が発生
  3. データの検索や受け渡しなど本来の業務以外の作業に時間を取られる

導入後の
効果

  1. オンライン共有により手間削減・最新データの保存場所を確立
  2. 販促資材を即座にプレビュー表示できコールセンターでのお客様対応を効率化
  3. DAM導入で業務の無駄を削減し新商品企画や販売戦略考案の時間を確保

社員の業務効率向上をサポートする コンテンツ管理・共有・活用プラットフォーム

デジタルアセット管理システム「CIERTO」の切り替え

協和株式会社は2013年にデジタルアセット管理システム「Xinet」をVPJから導入し、コンテンツの一元管理とオンライン共有による業務効率化に成功しています。2018年のハードウェアリプレイスを機に他社製品も含めてシステムの再検討が行われましたが、費用対効果の高さや豊富な搭載機能、VPJのサポート体制などが評価され、CIERTOへの切替えが決定しました。
システム切替え当時同社では、動画制作プロセスを効率化できる製品の導入や商品情報を管理する基幹システムとの連携など、更なる業務効率化や売上拡大を実現できる仕組みを検討していました。CIERTOは柔軟に他のソリューションと連携でき、柔軟に運用を拡張できる点も切替えのポイントになりました。

コンテンツの一元管理とオンライン共有で余剰作業を大幅に削減

コンテンツの一元管理とオンライン共有で余剰作業を大幅に削減

同社の販促媒体制作には多くのパートナー企業が関わっており、データの受渡しや確認作業が多く発生します。メールやストレージサービス、メディアの郵送などでやり取りを進めていたため余剰な手間や時間、コストが生じていました。現在同社では各パートナー企業にアカウントを発行し、CIERTO上のマスタデータを参照/取得できる体制を整えています。CIERTOを中核にして社内外関係者でデータを共有することで、複数企業へのデータ送付作業やデータの受渡しにおける手間が大幅に削減できたとともに、最新データの保存場所を確立できました。制作アプリケーション無しに誰でもWebブラウザ上で制作データの中身をプレビューで確認できる点も、業務効率の向上に繋がっています。

コールセンターで販促媒体をプレビュー表示できスムーズなお客様対応を実現

コールセンターで販促媒体をプレビュー表示できスムーズなお客様対応を実現

コールセンターで使用する顧客管理システムからCIERTOを介して販促媒体のプレビューを閲覧できる体制を構築しています。以前は該当する実物のチラシやDMを探す手間が生じていましたが、現在は顧客管理システムでお客様の発送履歴を検索し、販促媒体名をクリックすると即座にプレビューが表示されます。一日に数千件のお問い合わせが入り会話の一秒一秒が勝負となるオペレーター対応において、スムーズなお客様対応が行える体制が整ったことで非常に大きな効果が出ています。また、CIERTOの活用によりコールセンターのペーパーレス化も実現でき、個人情報保護の観点でもCIERTO導入の効果が発揮されています。

会社全体でCIERTOを活用しクリエイティブ業務に集中できる環境作りをサポート

会社全体でCIERTOを活用しクリエイティブ業務に集中できる環境作りをサポート

メーカー企業である同社にとって、新商品や販売戦略の企画/考案に費やす時間をいかに多く確保できるかが重要となります。同社では最新データの確認や制作データの参照/再利用、関係者とのデータ共有、商品画像のWeb向け変換など様々な作業がCIERTO上で行われています。データの一元管理と制作フローをデジタル化できたことで日々のルーティーン作業が大幅に削減でき、本来行うべきクリエイティブ業務に集中できる環境作りをサポートしています。また同社では、CIERTOで管理するコンテンツデータや基幹システムで管理される発送履歴や購入経路など様々な情報をもとに、繰り返し分析を行っています。あらゆるデータを資産として活用し、お客様一人ひとりに効果的な販促を行えるよう様々な施策が進められています。

担当の声業務を効率的に行うために必要不可欠なシステムだと実感
CIERTOの活用を拡大して更なる効果を出していきたい

「”CIERTOを見れば必要なデータがある”という認識が社内に浸透しており、会社全体で広くCIERTOを活用しています。効率よく仕事をこなして本来の業務に集中するために、CIERTOは必要不可欠なシステムだと感じています。最近では動画を用いた販促を強化しており、動画制作における修正/承認プロセスを改善できる仕組みを必要としているため、CIERTOとAPROOVE(オンライン校正システム)を連携することで制作プロセスを更に効率化できると期待しています。その他にもモデルの権限情報管理やダウンロード制御、基幹の商品情報システムとの連携など今後のCIERTO活用の構想はできているので、更なる効果が出せるよう活用範囲を拡大していきたいです。」
株式会社 協和について https://www.kyowa-group.co.jp/
株式会社協和は化粧品・美容健康食品メーカーでエイジングケアブランド「fracora(フラコラ)」を展開しています。「高純度高実感」をコンセプトに5年連続「プラセンタ商品売上げNo.1」を獲得、プラセンタの原液美容液やサプリメントが好評です。通信販売とバラエティショップなど店舗販売にも展開しています。
関連リンク

CIERTO(シエルト) -デジタルアセット管理(DAM)システム-

「CIERTO」は、カタログ・Web・プロモーションビデオ・チラシ・DM・ECサイトなどの企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデジタル資産の一元管理を実現します。素材となる商品写真やスペック、イラスト、動画、ロゴ、テキスト、ドキュメントなど全てのコンテンツを統合的に管理し、本社や販売店間での共有はもちろん、販促物制作に関わる宣伝部と各制作プロダクションなど様々な関係者間でリアルタイムに共有することが可能です。 販促媒体の制作においては、入稿から進行管理・修正指示・承認・変換・配信・アーカイブまで、CIERTOを中核に制作進行することが可能です。これにより、媒体制作の生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現し企業のマーケティング活動を強力にサポートします。