株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Case Studies

導入事例

株式会社ウッドワン

コンテンツの一元管理・共有・活用で生産性向上・コスト削減を実現

- 社内各部門のコンテンツ活用基盤を構築&制作会社とのやりとりを見える化 -

導入前の
課題

  1. データがDVDや個人PCなどに散在しており必要なデータを探すのに手間/時間がかかる
  2. 他部署からの画像提供依頼が多く工数をとられ本来の作業に集中できない
  3. 制作会社とのデータ受け渡しの際にサーバーへの登録やメール連絡の手間が発生

導入後の
効果

  1. コンテンツをプレビュー付きで一元管理し検索/取得作業を効率化
  2. 各部署から画像を検索・変換・取得できることで提供依頼がなくなり生産性向上
  3. 制作会社とのやりとりをCIERTOに統一し、履歴の見える化や余剰作業の削減を実現

システム選定のポイント

株式会社ウッドワンでは製品カタログやパンフレット、Webサイトなど様々な販促媒体を展開しており、制作データや素材データはプロモーション課で保管していました。画像管理システムも導入していましたが容量や使い勝手の面から活用されておらず、データはサーバーや個人PC、DVDなどに散在していたため、検索やデータ共有に手間や時間がかかっていました。制作会社とのやりとりでは受け渡し用のサーバーやメール、DVDを用いてデータを送付していたため、送付時のアップロードやメディアへ焼く作業、共有パソコンへの保管作業、関係者への連絡作業など余剰な手間が生じていました。こうした課題を解決すべくシステムの検討が行われ、プレビュー付きデータ管理や柔軟な検索機能、ゲストファイル共有などの機能面や使いやすい操作感などが評価され、CIERTOが選定されました。

プレビュー付きデータ管理と柔軟な検索・画像変換で各部署から自由にデータを活用できる環境を整備

プレビュー付きデータ管理と柔軟な検索・画像変換で各部署から自由にデータを活用できる環境を整備

以前はカタログや画像データが社内で共有されておらず、社内他部門からプロモーション課への画像提供依頼が頻発していました。該当画像の検索、取得作業に加え、ファイル転送サービスが禁止されていたため、メール添付やDVDによる受け渡しなどかなりの手間が生じていました。現在はCIERTO上でデータを一元管理し、各部門からWebブラウザ上で自由にデータを検索・プレビューし、必要に応じて画像の変換が行える環境を整えています。プロモーション課では、画像の提供依頼がなくなったことで作業中に手が止まることもなく本来の業務に集中できるようになりました。営業や商品開発部、積算チームなど、様々な部署で活用が広がっており、画像提供までのタイムラグがなくなり豊富な画像を資料に使用できるようになったことで会社全体での業務効率の向上にも効果が出ています。Web制作においても、以前は制作アプリケーションを使用してカタログ用の画像をWeb用に変換していましたが、現在はCIERTO上のInDesignデータのリンクファイルからWeb用に簡単にサイズ/フォーマットを変換できるため作業効率が格段に向上しています。

CIERTOを介したデータやりとりで自社・制作会社双方の業務効率化を実現

CIERTOを介したデータやりとりで自社・制作会社双方の業務効率化を実現

制作会社とのやりとりは全てCIERTOを介して行っており、案件ごとにフォルダを作成してデータや修正指示を共有し、制作完了後はアーカイブとして別領域に保存しています。以前は制作会社用の共有サーバーを使用していましたが、CIERTO上で全てのデータを共有できることでデータの重複保存作業やメール連絡等が不要になり、手間の削減やサーバー廃止によるコスト削減を実現しています。やりとりの履歴が全て残るため、原稿に修正が入った経緯なども簡単に確認することが可能になりました。 また、以前はEPSデータ、プレビュー用のJPEGデータ、コンタクトシートを納品してもらっていましたが、現在はEPSデータをCIERTOに保存してもらうだけで自動でプレビューが生成されるため作業工数手間が大幅に削減され、制作会社からも喜ばれています。 やりとりの少ない社外関係者とはゲストファイル共有機能を活用することでDVDによるデータ送付が不要になり、メディア費用や郵送費用もかからずにタイムラグなくデータを共有できています。

カタログ校正フローのデジタル化で業務効率化・ペーパーレスを実現

カタログ校正フローのデジタル化で業務効率化・ペーパーレスを実現

会社全体としてカラー印刷削減やペーパーレスが求められている流れもあり、カタログ制作時には社内の校正フローでオンライン校正機能を活用しています。チーム内での校正業務をCIERTOでデジタル化したことで、印刷や回覧、取りまとめなどの作業が不要になり業務効率が格段に向上しています。注釈指示付きPDFも簡単に生成できるため、制作会社への修正指示の共有も効率化されています。以前はカタログ校正の際に膨大な枚数の校正用紙を印刷していたため、オンライン校正機能を活用することで印刷コストが大幅に削減されました。オンラインで校正を進行できることでテレワークでもスムーズにカタログ制作が進められるようになるため、今後の活用拡大も期待されています。

担当の声プロモーション課だけでなく各部署で様々なメリットが出ていると感じています

CIERTOを実際に使ってみて、とても使い勝手が良く満足しています。プロモーション課としての工数削減や生産性向上はもちろんですが、営業部や商品開発部など各部署での効率的な画像使用による業務効率化や、制作会社との受け渡し用サーバーの廃止・オンライン校正によるペーパーレスなどのコスト削減など、様々なメリットが出ていると感じています。今後は会社ロゴなどのデータに対して申請ダウンロードフローを設けるなど、さらなる活用を計画しています。
株式会社ウッドワンについて https://www.woodone.co.jp/
ウッドワンは創立以来60余年、木と共に歩んできた木質総合建材メーカーです。「木」を知り尽くしたプロとして、自ら森を育て、加工・販売までを行う一貫的なスタイルを強みとしています。半世紀以上にわたり培ってきた、森林に対する豊富な知識と、高度な加工技術を基盤に、キッチン・建具・床等の住宅部材をトータルでご提案します。森の再生とともに、素材としての木の面白さ、日本人の暮らしに深く根ざす木のぬくもりを、技術と思想を通じて、未来へと伝えていきます。
関連リンク

CIERTO -デジタルアセットマネジメント(DAM)システム -

デジタルアセットマネジメントシステム「CIERTO」は、カタログ・Web・プロモーションビデオ・チラシ・DM・ECサイトなどの企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデジタル資産の一元管理を実現します。素材となる商品写真やスペック、イラスト、動画、ロゴ、テキスト、ドキュメントなど全てのコンテンツを統合的に管理し、本社や販売店間での共有はもちろん、販促物制作に関わる宣伝部と各制作プロダクションなど様々な関係者間でリアルタイムに共有することが可能です。 販促媒体の制作においては、入稿から進行管理・修正指示・承認・変換・配信・アーカイブまで、CIERTOを中核に制作進行することが可能です。これにより、媒体制作の生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現し企業のマーケティング活動を強力にサポートします。