株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Case Studies

導入事例

ヤンマーグローバルCS 株式会社

約10万点の製品素材管理&共有によるヤンマーグループ全体への業務支援

- 販促コンテンツ制作の効率化とブランドマネジメント強化を実現 -

導入前の
課題

  1. データ共有の環境が整っておらずグループ社員への素材提供に手間がかかる
  2. 素材検索や協力会社との受渡しに時間がかかり制作作業における生産性が低い
  3. 旧データの誤使用による商標侵害や情報漏洩のリスクを低減したい

導入後の
効果

  1. 製品素材の一元管理・オンライン共有でヤンマーグループ全体の業務効率向上
  2. クラウドと連携したファイルサーバーでの制作により素材検索・制作業務を効率化
  3. アクセス権限設定や自動ダウンロード制御によるブランドマネジメント強化

ヤンマーグループ全体への業務支援を実現する
デジタルアセット管理(DAM)システム

デジタルアセット管理(DAM)システム「CIERTO」導入背景

ヤンマーグローバル CS 株式会社は、ヤンマーグループ各社の年間約 5000 アイテムのカタログ、ムービー、技術 資料など制作、改訂を行っており、100 アイテム以上の媒体制作が同時進行で進められています。同社では 2014 年に文書管理サーバーのリプレイスをきっかけにデータ管理システムの検討が行われ、「CIERTO」の前身であるデ ジタルアセット管理システム「thiiDa」を導入、5 年後のシステム切り替えのタイミングで「CIERTO」を導入しました。 膨大な量の多様なファイルを取り扱うため、「CIERTO」の Adobe 系ファイルがプレビュー可能な点やファイル格 納時にサーバーのフォルダ構成がそのまま扱える点、自社開発の製品であり課題に対してフレキシブルな対応が可 能な VPJ の体制を評価いただいています。

約 10 万点の製品素材管理&共有でヤンマーグループ全体への業務支援を実現

写真・動画など素材の一元管理&全社公開
画像や動画、制作データなど約10万点のコンテンツを一元管理しています。アクセスユーザーを限定した編集用ボリュームで同社担当者と協力会社が素材や制作物のアップロード・ダウンロードを行い、完成データを公開用ボリュームに移動してグループ社員へ公開しています。膨大な量のコンテンツを一元管理することで素材探しや関係者間での共有における工数が大幅に削減できており、データ紛失のリスクもなくなりました。公開ボリュームや操作権限をユーザー毎に柔軟に設定できるため情報漏洩リスクも低減でき、協力会社と制作メンバーの適切なデータのやり取りが実現しています。

■各部門で効率的にデータを活用可能な環境
PSDやAIなどのデータをCIERTOへ登録するだけで営業部などの担当者もブラウザ上で画像変換が行えるため、全社で効率的にデータを活用できる環境が整いました。同社ではセキュリティを考慮してクラウド上にCIERTOを構築しており、ローカルネットワークに配置した制作用ファイルサーバーとCIERTOは自動的にデータ同期する設定となっています。制作担当者はファイルサーバー上で直接作業が行えるため、クラウド上のCIERTOへ都度データをアップロード/ダウンロードする必要がなく、大幅に作業効率が向上しています。別環境にミラーリング状態でデータが冗長化されるためBCP対策としてのメリットも出ています。

■自動ダウンロード制御でブランディング強化
コンテンツに紐づくメタデータに公開終了日を設定し、該当の日時以降はデータをダウンロードできないように自動制限していますので、ダウンロード制御により旧ロゴの誤使用などの商標侵害によるトラブルや、流出によるブランド毀損の防止を実現しています。また、関係者と一度のみデータを共有する際には、ユーザー登録をせずに一時的にデータをダウンロードが行える”ゲスト共有リンク”を簡単に発行できるため、セキュアな環境で効率的にデータを共有しています。

■販売会社からの問い合わせ件数が減少
販売会社に対して閲覧・DLのみのアクセス権限を持たせたアカウントを発行し、製品の生産情報や古い部品情報のPDFファイルが管理されている特定のボリュームを公開しています。現在は約54万点のPDFを登録しており、月間約500人がアクセスして内容の確認・ダウンロードを行っています。販売会社に限定的に製品情報を公開することで、販売会社が自らオンラインで最新情報を確認できるようになったため、問い合わせ件数の減少に繋がっています。

担当の声CIERTO で素材を一元管理し、 余剰作業の削減と情報流出防止を実現

PhotoshopやIllustratorで作成したネイティブファイルのプレビュー表示や変換ダウンロードができるため、アプリケーションを持っていないユーザー向けに別形式のファイルを別途用意する手間がなくなりました。また、ユーザー毎に権限設定が行えるため、制作担当者・協力会社・グループ社員等、ユーザーの用途に対して表示するボリュームを変えることで、CIERTO上で制作データのやり取りと公開用完成品の管理を同時に行っています。また、ダウンロード制限機能を用いることで、閲覧・ダウンロード可能なユーザーを限定し、権利侵害や情報流出の防止にも役立てています。各国のグループ社員が利用するシステムですので、今後はユーザー管理を社内システムと連携させて、シングルサインオンを導入し更に柔軟に活用したいです。
ヤンマーグローバルCS 株式会社について https://www.yanmar.com/jp/about/company/global_cs/
ヤンマーグループのサービス統括会社として、部品の販売やグループ各社の製品群の取扱説明書、サービスマニュアル、パーツカタログなどテクニカルドキュメント全般の原稿、翻訳、制作から印刷、ポータルサイトでの公開まで提供しています。また、3DCGやアニメーションなどを用いて研修用コンテンツの制作や開発・生産・販売・サービス部門に対してITを活用したサポートサービスを提供しています。
関連リンク

CIERTO -デジタルアセットマネジメント(DAM)システム-

デジタルアセットマネジメントシステム「CIERTO」は、カタログ・Web・プロモーションビデオ・チラシ・DM・ECサイトなどの企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデジタル資産の一元管理を実現します。素材となる商品写真やスペック、イラスト、動画、ロゴ、テキスト、ドキュメントなど全てのコンテンツを統合的に管理し、本社や販売店間での共有はもちろん、販促物制作に関わる宣伝部と各制作プロダクションなど様々な関係者間でリアルタイムに共有することが可能です。 販促媒体の制作においては、入稿から進行管理・修正指示・承認・変換・配信・アーカイブまで、CIERTOを中核に制作進行することが可能です。これにより、媒体制作の生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現し企業のマーケティング活動を強力にサポートします。