株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Company

会社概要

History

VPJヒストリー

VPJバックグラウンド

1994年の創業以来一貫してコンテンツプロダクション分野をターゲットにソリューションを提供しています。創業時は丁度コンピュータグラフィックスの普及期に当たり、SGIを始めとするUNIXワークステーションを先頭にApple MacintoshやWindows PCが様々なコンテンツ制作分野での活用を模索していた時期です。

創業者はSGI(当時シリコングラフィックス)の日本国内のディレクターを務めており、SGIの先端技術とAppleの可能性とに着目し、この二つの異なるアーキテクチャーを用途に応じて統合していくワークフローを業界に先駆けて提案し大きな評価を得ております。

VPJバックグラウンド

特にDTP業界ではSGIサーバーをベースにアップルアーキテクチャーを統合する”DTPターボサーバー”をリリースして累計で300社以上の顧客を獲得しております。

創業時のVPJのマーケットは映像分野にも広がっており、様々な最先端技術の欧米のベンチャーと提携し、常にこの分野のパイオニアとして活躍しました。

今日ではソリューションビジネスに集中する為に物販中心であった映像部門を2011年に売却し、自社開発のソフトウエアを中核に周辺のソフトウエア技術を欧米のベンチャーと提携しながらコンテンツプロダクション分野に各種ソリューションを提供しております。

特に2007年から模索していた沖縄におけるクラウドビジネスが軌道に乗り、従来の広告、印刷、制作会社等の現場に近い顧客から現在はブランドホルダーとなるメーカーのマーケティング部門、通販会社を含むオンラインビジネス企業そして出版社等の上流のコンテンツに関わる顧客にマーケットは広がっています。さらに開発部門を担う子会社を2016年にマニラに設立し、自社製品の開発の生産性を追求し今日に至っております。

1st Stage(創業期)

DTP、CG、放送・映像業界のコンテンツプロダクションワークフローに特化した新しいビジネス分野を創るマーケティング企業として設立される。この時期、提携する海外のグローバルパートナーの製品を導入し国内で提供するスタイルをメインとしてビジネスを展開する。

  • CROSS MEDIA(DTP)

    1994
    株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパンを設立。Silicon Graphicsと販売パートナー契約を締結し、UnixとMacの相互通信を可能とする「TransferPro」、及び「K-Ashare」の販売を開始。
    1995
    「米ボストンArchetype社と業務提携、アップルシェアサーバーの「Hellios」をベースに「InterSep OPI」、及び「MediaBank」をSGI Serverをベースとした自社ブランド「DTP Turbo Server」として販売開始する。
    1996
    米Adobe社と業務提携、国内唯一の認定リセラーとしてPhotoshop、Illustrator及びPremierをSGIの2workstationと連携させ販売。
    1997
    独Science-Divisionと業務提携、世界初のビデオとCGのマッチムーブツール「3D-Equalizer」の販売を開始。
    1998
    米ストレージベンダーMicronet社と業務提携、「DTPターボサーバー」と連携する「DD7000」の販売を開始。
    1999
    米Xinetと業務提携、アップルシェアサーバー「FullPress」及びWebベースファイルシステム「WebNative」を搭載した「DTPターボサーバー」のニューモデルを販売開始。
    2000
    「米nothingRealと業務提携、国内総代理店としてソフトウエア VFXツールコンポジションツール「Shake」の販売を開始。
    2001
    ロンドンの大手ポストプロダションSmoke&MIller社の開発部門UniqueID社と業務提携、映像データ管理ソフト「CakeS」の販売を開始。
    2002
    Xinet社がDAMリューション「Venture」をリリース、「DTPターボサーバー」のオプションとして販売開始。
    「FullPress」と「WebNative」を搭載した「DTPターボサーバー」の導入社数が200社を超える。
    米Micronetの販売店として世界トップの販売記録を更新。
    2003
    米Apple と業務提携、認定Apple Solution Partner へ登録。自社開発による映像データ管理ソフト“thiiDa” をリリース。
    2004
    英Dev Zeroと業務提携、データ配信ソリューション「nVerge」及びプリフライトソフトウェア「printSure」の国内での販売を開始。
  • VIDEO・CG

    1994
    株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパンを設立。Silicon Graphicsと販売パートナー契約を締結し、UnixとMacの相互通信を可能とする「TransferPro」、及び「K-Ashare」の販売を開始。
    1995
    「米ボストンArchetype社と業務提携、アップルシェアサーバーの「Hellios」をベースに「InterSep OPI」、及び「MediaBank」をSGI Serverをベースとした自社ブランド「DTP Turbo Server」として販売開始する。
    1996
    米Adobe社と業務提携、国内唯一の認定リセラーとしてPhotoshop、Illustrator及びPremierをSGIの2workstationと連携させ販売
    1997
    独Science-Divisionと業務提携、世界初のビデオとCGのマッチムーブツール「3D-Equalizer」の販売を開始。
    1998
    米ストレージベンダーMicronet社と業務提携、「DTPターボサーバー」と連携する「DD7000」の販売を開始。
    1999
    米Xinetと業務提携、アップルシェアサーバー「FullPress」及びWebベースファイルシステム「WebNative」を搭載した「DTPターボサーバー」のニューモデルを販売開始。
    2000
    「米nothingRealと業務提携、国内総代理店としてソフトウエア VFXツールコンポジションツール「Shake」の販売を開始。
    2001
    ロンドンの大手ポストプロダションSmoke&MIller社の開発部門UniqueID社と業務提携、映像データ管理ソフト「CakeS」の販売を開始。
    2002
    分散レンダリングソフトウェア「rush」の販売を開始。
    Xinet社がDAMリューション「Venture」をリリース、「FullPress」と「WebNative」を搭載した「DTPターボサーバー」の導入社数が200社を超える。
    米Micronetの販売店として世界トップの販売記録を更新。
    2003
    米Apple と業務提携、認定Apple Solution Partner へ登録。自社開発による映像データ管理ソフト“thiiDa” をリリース。

2nd Stage(成長期)

創業から10年を経てビジネスは成長しオフィスも拡大する。この時期、従来の印刷を主にした製作部門に留まらず出版社や一般企業の内製化向けのソリューションを提供開始。積極的に自社のソリューションの開発や海外製品のカスタマイズを行う。

  • CROSS MEDIA(DTP)

    2004
    CG や放送・映像業界へのXsan の販売を開始。
    2005
    Web to PrintのトップベンダーであるイスラエルのPress-Sense社と業務提携、世界的な製品ブランド「iWay」の販売を国内で開始。
    2006
    沖縄電力のデータセンターFRTにて「Xinet WebNative」をDAMソリューションとしてASPビジネスをスタート。
    DTPターボサーバーの商標を「ターボサーバー」へと変更、ユーザー層は従来の制作会社から一般企業へと拡大する。
    2007
    独Dalim社と業務提携、オンライン構成ソリューション「DiALOGUE」の販売を開始。
    2008
    一般企業をターゲットとした自社開発のデジタル資産管理ソリューション”thiiDa2“の販売を開始。
    「ターボサーバー」のユーザー数が300社を超える。
    2009
    オランダWoodWing社と業務提携、Adobe inCopyとinDesignと連携する出版ソリューション「WoodWing Enterprise」の販売を開始。
    沖縄データセンターをFRTから宜野座に移動、宜野座オフィスをオープン。thiiDa2のクラウドビジネスを開始する。
  • VIDEO・CG

    2004
    CG や放送・映像業界へのXsan の販売を開始。
    2005
    Web to PrintのトップベンダーであるイスラエルのPress-Sense社と業務提携、世界的な製品ブランド「iWay」の販売を国内で開始。
    2006
    加TigerTechnology と業務提携、次世代ファイル共有システム「metaSAN」の販売を開始。
    DTPターボサーバーの商標を「ターボサーバー」へと変更、ユーザー層は従来の制作会社から一般企業へと拡大する。
    2007
    独Dalim社と業務提携、オンライン構成ソリューション「DiALOGUE」の販売を開始。
    2008
    米Adobe と業務提携、認定Videoreseller として活動を開始。 一般企業をターゲットとした自社開発のデジタル資産管理ソリューション”thiiDa2“の販売を開始。「ターボサーバー」のユーザー数が300社を超える。
    2009
    独IRIDAS 社と業務提携、リアルタイムDIソリューション「IRIDAS」の販売を開始。
    沖縄データセンターをFRTから宜野座に移動、宜野座オフィスをオープン。
    沖縄データセンターをFRTから宜野座に移動、宜野座オフィスをオープン。thiiDa2のクラウドビジネスを開始する。

3rd Stage(変革期)

iPad及びiPhoneに代表される従来にはなかった新しいプラットフォームの登場によりマーケットは変化。ビジネスのターゲットも従来の制作会社からメーカー等のブランドホルダーに変化する。またビジネスの形態もクラウド型ビジネスを含むソフトウェア販売を中心としたソリューションやインテグレーションそしてサービスの提供へと変化。このビジネススタイルの変遷に合わせDAMを中核とした次世代のコアテクノロジーの開発を開始する。

  • CROSS MEDIA(DTP)

    2010
    WoodWing 社の「Apple iPad 用Digital Magazine 制作ツール」を国内唯一のソリューションとして販売を開始。
    2011
    WoodWing 社がDigitalMagazine 事業をAdobe 社に売却。Adobe認定ソリューションパートナーとして引続き「DigitalMagazine ツール」の販売に携わる。
    独Dalim 社と業務提携、オンライン構成ソリューション「DiALOGUE」の販売を開始。

    2012
    沖縄のクラウドサービスを新ブランド名「Digital Paradise」として提供開始。
    米Xinet社がカナダのNorthPlains社に買収される。NorthPlains社と新たなパートナーシップを構築。
    2013
    ベルギーApprove社と業務提携、DTP, Video, Web製作に向けたクロスメディアオンラインプルーフィングソリューション「APROOVE」の販売を開始。
    2014
    コンテンツ制作の為のクラウドサービスのラインナップを拡充。WebtoPrintサービス「Digital Promotion」、DAMソリューション「Digital Asset」、オンライン編集ソリューション「Digital Edit」、オンラインコミュニケーション「Digital Collabo」の提供を開始。
    株式会社ジゾンと業務提携、Web-CMS「HeartCore」の販売を開始。
    2015
    thiiDa2に代わる新なDAMソリューションとして”CIERTO"の開発に着手
    2016
    「CIERTO」の開発拠点として、フィリピンマニラに現地法人を設立。「CIERTO」を次世代のDAMソリューションとしてリリース。ブランドマネジメントに特化したソリューションを提供する独censhare社との業務提携を発表。
  • VIDEO・CG

    2010
    放送映像部門を分社化。シリコンスタジオ株式会社が有する映像部門と経営統合。

    2011
    独IRIDAS 社と業務提携、リアルタイムDIソリューション「IRIDAS」の販売を開始。
    Adobe認定ソリューションパートナーとして引続き「DigitalMagazine ツール」の販売に携わる。
    独Dalim 社と業務提携、オンライン構成ソリューション「DiALOGUE」の販売を開始。
    2012
    ビジュアル・グラフィックス株式会社の全株式を株式会社朋栄に売却。 カナダのNorthPlains社に買収される。米Xinet社がカナダのNorthPlains社に買収される。NorthPlains社と新たなパートナーシップを構築。
    2013
    ビジュアル・グラフィックス株式会社の全株式を株式会社朋栄に売却。

4th Stage(新な飛躍へ向けた再スタート)

2017
自社ブランド”CIERTO” を基幹とした印刷業界向けワークフローサーバー「 ターボサーバーEXPRESS」 、新クラウドサービス「Digital Asset」販売を開始。
オランダElpical社と業務提携、制作現場向け一括画像処理ソリューション「Claro」の販売を開始。 デジタルエクスペリエンスプラットフォーム「censhare」を大手電機メーカーに納入。
2018
ローカルサーバーとしてMac/Windows環境からのフルマウント制作をサポートするローカルNASとクラウドの双方向連携ソリューション「Local Production Cloud」の販売を開始。