株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

会社概要

History沿革

  1. TOP
  2. 会社情報
  3. 沿革
2016
Marketing Asset Management 「CIERTO」をリリース。マーケティング活動におけるプロモーション媒体の制作支援を行う。同時にターボサーバーEXPRESSに「CIERTO」を搭載、印刷出版業界向けに機能強化を計る。「Digital Asset」をCIERTOベースに切り替え。 フィリピンに開発拠点として現地法人「Cierto Communicatin Corp」を設立。沖縄オフィスをうるま市のIT津梁パーク内に移設。
2015
クロスチャネル販促媒体制作を支援するオンデマンドプロモーションサービス「DigitalPromotion」の提供を開始。印刷会社向けワークフローサーバー「ターボサーバーEXPRESS」の販売を開始。
2014
媒体制作業務に向けたクラウドサービス 「DigitalParadiseプロダクションストリーム」のサービスを拡大、Web to Printサービス「DigitalPrint」、Approveをベースに「DigitalColabo」、Woodwing Enterpriseをベースに「DigitalEdit」thiiDa2をベースに「Digital Asset」の提供を開始。株式会社ジゾンと協業、Web-CMS 「HeartCore」と DAM の統合インテグレーション事業の開始
2013
リッチメディアアセット管理システム「thiiDa3」を映像制作分野向けに機能強化、サービスを拡大。プロジェクトマネジメントシステム「DALiM ES」でePub3/HTML5対応の機能強化を発表、電子出版市場に向け販売開始。
2012
ビジュアル・グラフィックス株式会社の全株式を株式会社朋栄へ譲渡。米Xinet社、加NorthPlains社と合併。NorthPlains社とのパートナーシップにより、デジタル資産管理ソリューションを強化。独DALiM社のプロジェクトマネジメントシステム“DALiM ES”の取扱い・販売開始。
2011
東京本社、オフィスを渋谷アライブ美竹に移転。ベルギーAproove社と業務提携、オンライン・コラボレーション・ソフトウェア「Aproove」の販売を開始。蘭WoodWing社と米Adobe社の業務提携、WoodWing EnterpriseとAdobe® DPSとのインテグレーション・販売を開始。媒体制作業務に向けたクラウドサービス「DigitalParadiseプロダクションストリーム」の提供開始。
2010
映像部門を分社化。「ビジュアル・グラフィック株式会社」を設立。同社、シリコンスタジオ社と合併。「WoodWing Enterprise」によるアップル社 iPad 向けコンテンツ作成、配信ソリューションを発表。デジタルアセットマネジメントを中核にした媒体制作ワークフローのソリューションプロバイダに注力する。
2009
独・IRIDAS社と業務提携、リアルタイム DI ソリューション「IRIDAS プロダクトライン」を販売開始。Web ペーパーメディア配信プラットフォーム「RealView」の取扱い開始。ネットワークビデオ IOI 「NGEST GATE」を開発、販売を開始。沖縄データセンターを宜野座村に移設。同センター内にオフィスを開設しサポートを強化。オランダWoodWing社と業務提携、出版業界向けエンタープライズパブリッシングシステム「WoodWing Enterprise」を販売開始。
2008
映像制作現場向けファイル管理システム「thiiDa2」を新たにリニューアル。映像、一般業界向けに販売開始。
2007
株式会社蒼天へ資本参加。資産管理システム「LogVillage 2.0」Mac OS X 版を発売。沖縄電力内にデータセンターを設置。WebNative の ASP 事業「Okinawa-DAM Station」の提供開始。ドイツ DALiM社と業務提携、オンラインプルーフィングソリューション「DiALOGUE」の販売開始。
2006
カナダ TigerTechnology社と業務提携、次世代ファイル共有システム「metaSAN」販売開始。「DTP ターボサーバー」の適用範囲を一般企業ユーザに拡大に伴い、名称を「ターボサーバー」に改める。
2005
イスラエルPress-Sense社と業務提携、Web to Print ソリューション「Press-sense iWay」の販売開始。英 Dev Zero G社分散データ転送ソリューション「nVerge(エヌバージ)」を販売開始。大阪オフィスを心斎橋にオープン、関西エリアのサポートを強化。
2004
Apple Xsan による CG/Video 業界向けの SAN システムの構築サービスを開始。英 Dev Zero G社と業務提携、サーバベースのプリフライトソフトウェア「PrintSure」を国内販売開始。米Silicon Color社を業務提携、同社のカラーコレクションシステムの販売開始。
2003
CG・ポストプロダクション向けアセット管理システム「thiiDa」(ティーダ)を開始。Nothing Real(Shake)社が米Appleに買収される。Apple Computer Japan と業務提携、アップルソリューションパートナーに。
2002
CG / 分散レンダーキュー管理ソフトウェア「rush」の販売開始。DTP制作に最適な汎用データベース「WebNative Venture」をリリース。DTPターボサーバーのコンポーネントを全てXinetベースに。
2001
ポストプロダクション向けコンポジットワークフローシステムNothigReal社「Tremor(トレモア)」を発売。
2000
米 nothingReal社と業務提携、インテリジェンスコンポジットシステム「Shake」の独占販売開始。英ベンチャー Unique-ID社と業務提携、映像 / CG 制作常務に最適化された統合型ワークフロー管理システム「CakeS」を販売開始。
1999
米 Xinet社と業務提携、同社のワークフローソフトウェア「FullPress」を搭載したDTP ターボサーバ 2」を発表。
1998
米 BitStream社と販売、アセット管理ソフトウェア「MediaBank」を販売開始。DTPターボサーバーに搭載開始。
1997
独 Science-Division社と販売提携、世界初のマッチムーブツール「3DEqualizer」を発売開始。
1996
「InterSepOPI」とアップルシェアサーバー「Helios」を搭載したシステムプロダクト「DTP ターボサーバー」を発表。
1995
「米ボストン Archetype社と業務提携、DTP制作ワークフロー支援ツール「InterSep OPI」の国内販売開始。米カリフォルニアの「COLORBUS」と業務提携、SGI IndyベースのRIPシステム「Cyclone」の販売開始。
1994
株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパンを設立。日本シリコンスタジオと販売代理店契約を締結。米 DIT社と業務提携、UNIXとMachintoshのメデイアフォーマット互換ツール「TransferPro」を販売開始。UNIXベースのアップルシェアサーバー「K-AShare」販売開始。


Pagetop