株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

News

最新情報

Pressrelease

プレスリリース

2008年09月10日

VPJ、2008年国際放送機器展(Inter BEE 2008)に出展

「KAIZEN! 最先端オープンソフトウェアベース映像制作ワークフロー」

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称: VPJ、本社: 東京都渋谷区、代表取締役: 三村 博明 )は、2008年11月19日から21日までの3日間、幕張メッセ(所在地:〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)で開催される2008年国際放送機器展(略名:Inter BEE 2008)に出展します。
今回は、「KAIZEN! 最先端オープンソフトウェアベース映像制作ワークフロー」をテーマに、汎用のアプリケーション、ハードウエア、ネットワーク技術を駆使したコストパフォーマンスの高いワークフローを紹介します。

<紹介内容>

Adobe Premiere, After EffectsやApple Final Cut pro, Shakeに代表される汎用のアプリケーションの性能向上により、もはや高価な専用システムとの性能差はなくなりつつあります。しかしながら各種アプリケーションやプラットフォームのオープン化に伴い、データの共有や管理、ネットワーク運用のボトルネックの解消が次の課題として求められています。
VPJではこれらの諸問題の根本を解決するネットワーク/ストレージソリューションとして「metaSAN」、データ管理ソリューションとして「thiiDa2」、レンダリング管理ソリューションとして「rush」を提案しております。今回の展示ブースではAdobe Premiere, After EffectsやApple Final Cut, Shakeなどの汎用のアプリケーションとこれらのVPJソリューションの高度な連携ワークフローを披露します。
4K,2k,HDと大容量化が進む映像制作現場では、編集者間のデータ受け渡しや素材の検索など、大容量データの取り扱いに要する業務負荷が増大し本来の作業を妨げる要因となっています。これに対し、単純な個々の設備増強ではなく、既存のシステムを生かして制作プロセスのボトルネックを解消するワークフローの構築がVPJからの提案です。

 

【metaSAN】
クロスプラットフォームSANソリューションmetaSANは、Windowsを中心にMac OS XやLinuxなどが混在したクロスプラットフォーム環境での高速ファイルシェアを実現するSANマネジメントソフトウェアです。制作環境の設備やOS、アプリケーションを問わずにSAN環境が構築出来るため、自由なシステム設計を行えます。

【rush】
ネットワークレンダリングソリューションrushは、レンダリングジョブの可視化や一元化を計るネットワークレンダリング管理システムです。あらゆるOS、アプリケーションに対応しており、レンダリングジョブの分散管理やレンダーファームの構築をサポートします。

【thiiDa2】
映像素材データ次世代統合ファイル管理ソリューションthiiDa2は、データの検索、活用、配信、バックアップまでカバーする統合ファイル管理システムです。ストレージ内に管理された連番、ムービー、テキスト、3DCG等のデータのプレビューを生成し、汎用のWebブラウザで一連のファイル管理を行います。

【Inter BEE 2008概要】

国際放送機器展(Inter BEE)は、音と映像と通信のプロフェッショナル展として、国内外のトップレベルの放送機器、映像機器、音響機器、周辺アプリケーションやソリューションが一堂に会する国際展示会です。

主 催:社団法人電子情報技術産業協会
会 場:幕張メッセ 展示ホール2,3,4,5,6,7,8 〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1
開 場:11月19日(水)・11月20日(木)10 :00〜17:30 11月21日(金)10:00〜17:00
ブース:小間番号 8306 ホール8

関連情報:ビジュアルプロセッシングジャパン

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、資本金:3,500万円、代表取締役会長兼社長:三村 博明)は、カタログ・新聞・雑誌・ウェブ・タブレット・モバイル・TV・CMなどのメディア業界のコンテンツ制作現場へ「IT戦略」を提案するシステムインテグレータです。VPJが提供するソリューションは独自のワークフローシステムとデータベースなど最新のITをベースに構築されており、コンテンツの企画を手がける企業の販促宣伝部門・広告部門・広告代理店・出版社から、実際の制作を手がける印刷会社、デザイン事務所、映像プロダクション等へ幅広く納入されています。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、出版・印刷、放送・映像などのマスメディアのコンテンツ制作や、企業のマーケティング活動の媒体戦略に於けるコンテンツ制作まで、昨今のWEBやSNSそしてスマホやタブレットなど多様化するデジタル時代のコンテンツ制作環境の抱える諸問題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp