株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Pressrelease

プレスリリース

2021年03月15日

VPJ, デジタルアセット管理(DAM)システム「CIERTO」に 新機能「CIERTO_BI機能」をリリース
BIツールの搭載によりコンテンツ利用分析機能の強化 分析結果に基づいた効果的なマーケティング活動・営業活動を支援

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:三村博明)はこの度、デジタルアセット管理(DAM)システム「CIERTO」の新機能として利用状況を分析するためのBIツール機能を搭載した「CIETO_BI 機能」をリリースしました。CIERTOには、商品情報やマーケティング情報、営業情報など企業の様々なデジタルコンテンツが一元管理されます。今回の機能強化により、日々活用される膨大なデジタルコンテンツの利用情報を収集・分析し、その結果を可視化することで、より効果的なマーケティング活動及び営業活動を支援します。

CIERTO_BI機能による利用分析例

・各商品情報に対して、どれだけアクセスされ、ダウンロードされているかを集計し可視化することが可能。
 企業の売上情報と照らし合わせることで商品情報の活用頻度と売上結果から更なるマーケティング分析が可能

・販売店ごとにどれだけ販促コンテンツのダウンロードをしているか、また作成した販促物がどれだけ登録されているかをグラフで
 可視化することが可能。販売店ごとのマーケティング分析をサポート

・動画、静止画などのファイルタイプや容量別に登録されているアセットを集計し円グラフで可視化することが可能、アセット別の
 使用率から判断し、格納アセットの棚卸しが可能

・CIERTOに対するユーザの操作(アップロード、ダウンロード、変換、ゲストリンクなど)を集計し各ユーザの利用率と操作内容を
 月単位で可視化し、マーケティング活用におけるシステム利用率の把握が可能

(利用分析表示)

bitool-image

関連情報:CIERTO(シエルト)

CIERTOは、画像や動画、商品情報、Adobe InDesignやIllustratorなどの制作データ、提案資料など企業のマーケティング活動に関わるあらゆるデータをプレビュー付きで一元管理し、本社や販売店、制作プロダクションなど様々な関係者間におけるオンライン共有を実現します。 デジタルアセット管理システム「CIERTO」を中核にコンテンツ制作フローを進めることで、データの入稿から進行管理、校正、承認、配信まで全ての工程をオンラインを進行でき、進行管理の見える化・リアルタイムな情報共有が実現します。データの一元管理と制作フローのデジタル化により、コンテンツ制作における生産性向上・品質向上・ブランドマネジメントの強化を実現します。

※ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2019にてデジタルアセットマネジメントシステム「CIERTO」が総合グランプリを受賞しました。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、印刷・Web・映像などのコンテンツ制作や企業のマーケティング活動の販促媒体制作まで、多様化するデジタル時代においてコンテンツ制作環境が抱える課題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp(岩田宛)