株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン

Pressrelease

プレスリリース

2020年06月15日

株式会社LIXIL住宅研究所様、カタログ制作業務の効率化・コスト削減を目的に「APROOVE」採用

校正フロー・進行管理のデジタル化により50%以上の工数削減に成功

株式会社LIXIL住宅研究所(本社:東京都江東区、代表取締役社長 加嶋 伸彦)は、株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:三村 博明)が提案・販売を行うオンライン校正・コミュニケーション「APROOVE」を採用しました。APROOVE導入によりカタログ制作における校正フローや進行管理をデジタル化したことで、回覧や取りまとめ、転記などアナログ作業が不要になり、50%以上の工数削減に成功しています。注釈内容のデジタル化により手書きによる誤記/誤読や修正漏れが防止できており、ミス防止や余剰コストの削減に繋がっています。

導入事例詳細はこちら>>http://www.vpj.co.jp/case/detail2.html?cid=lixil-jk

<採用サービス概要>

同社で採用された「APROOVE」はクロスメディアコンテンツ対応のオンライン校正&ビジュアルコラボレーションソリューションです。デザイン確認・修正指示入力・承認/否認・差し替え画像の添付などの全ての校正作業をWebブラウザ上からオンラインで行うことが可能です。 本サービス導入により全ての校正作業をデジタル化することで制作業務の効率化や制作工程の見える化、アナログ作業削減によるコスト削減や工期短縮を実現します。

<APROOVE採用後の効果>

本サービスの採用により、同社では以下の効果が挙げられています。
・オンライン校正フローにより印刷・回覧・転記などアナログ作業を削減
・複数人が同時に校正を進行でき校正期間を9日間短縮
・差替え画像添付により注釈指示の際の余剰作業を削減
・締め切り前のリマインドメール自動送付により対応遅延を防止
・注釈のデジタル化により手書き注釈による誤記/誤読ミスを防止
・修正データの差分比較により修正漏れを防止できカタログ刷り直しを防止
・校正完了後の校正紙の保管が不要になり保管コストを削減
・業務のバランスが取れるようになり残業抑制・働き方改革をサポート

関連情報:APROOVE

APROOVEはコンテンツ制作におけるコミュニケーションの最適化を実現するオンライン校正&コラボレーションソフトウェアです。オンラインでの校正・承認フローによりアナログ校正で発生していたコミュニケーション負荷を削減します。多くの関係者間で煩雑なコミュニケーションが発生する制作進行において、コンテンツの確認依頼や校正依頼、プロダクションへの修正依頼、承認・申請といった一連のワークフローを自動化し、コミュニケーションロスやミスを防ぐとともに媒体制作の効率化を支援します。

【会社概要:VPJについて】 http://www.vpj.co.jp/
□本社:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル 11階
□代表取締役会長兼社長:三村 博明
□設立:平成6年1月6日
□資本金:3500万円
□事業内容:株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(略称:VPJ)は、印刷・Web・映像などのコンテンツ制作や企業のマーケティング活動の販促媒体制作まで、多様化するデジタル時代においてコンテンツ制作環境が抱える課題を解決する「IT戦略」を提案するソリューションプロバイダです。
クロスメディア展開が不可避な今日、VPJのITソリューションはコンテンツ制作ワークフローのデジタル化とマルチユース可能なデータ管理システムの仕組みを提供します。
製品・リリースに関するお問い合わせ
  • 株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
  • 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-2-5MFPR渋谷ビル11階
  • Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118 Mail : info@vpj.co.jp