Visual Processing Japan

Message

創業者からのメッセージ

理想の会社を求めたら会社を創業する事になりました。

米ITの日本法人で仕事をしていたあの頃、気がついた事は、自分にとってビジネスを楽しめるのは待遇よりも自由が何よりも大事だと言う事でした。
つまり親会社や金融機関、投資会社に縛られない、自立した会社で同じ志の仲間とビジネスを楽しみたい、そんな思いが強くなり36歳で創業に至りました。
だから100%自己資金。ビジネスを楽しむには自立による自由が最低条件です。

ビジネスの自由とはマーケット開発、製品開発、顧客満足、利益配分、社員待遇全てに関わります。
リスクやハードルは大きくなるけど、自立による自由が重要で、それがビジネスを楽しむ事につながります。そしてそれを継続する事で幸せになると考えます。

VPJにとって成長や利益はゴールでは無く、自立と継続を実現する為の過程です。
社員それぞれに取って会社はあらゆる意味で生活のプラットフォームです。
だから成長よりも自立による自由と継続による幸せを感じてもらいたいと考えています。
そしてそのために全力を出して下さい。失敗も成功もシェア出来る。チームワークを尊重する。そんな会社が理想です。
会社は社員の自己実現と幸せの為にあるもの。だから100%自己完結にこだわってます。そしてその環境は既にここにあります。

Continue to『FUN & HAPPY』

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン
代表取締役社長 三村 博明

こんな方に入社していただきたい

VPJの現在の事業はすべて、無の状態から社員によって産み出されたものです。営業、マーケティング、技術、管理等職種によって各々役割は違いますが、基本的には全社員がビジネスを創り出すことに強い関心を持っています。つまり、よくありがちな「特定の商品やサービスに対する思い入れ」や「ある種のブランドとしての会社に対する帰属意識」等はVPJの社員にとってはむしろ低いレベルでの動機づけです。

もちろんこれらも大切な要素であるとは思いますが、VPJ の社員にはもっと本質的なところで会社のコンセプトである「自立と継続」のために「ビジネスを創造し、実行し、成功に導くことに対する興味」が仕事に対する理由づけになっています。極端に言えば、扱う商品やマーケットは何だって構わないわけです。ただ成功するための最大公約数の一つとして現在の商品やマーケットをビジネスの場としているだけです。

つまり、「こんな仕事がしたい、あんなサービスに関わりたい」というよりも、「会社を創る、ビジネスを成功させる」という視点で弊社に関心を持っていただける方が理想です。 ビジネスを創造し成功に導くためには、現在会社が置かれている環境や持っている資源(これらが豊富であれば言うことはありませんが) によって様々な工夫とアイデアが必要になります。大事なことは状況を踏まえて成功に導くことです。

実際VPJも設立当時と今では資金力も違いますし、対象となるマーケットも拡大しております。しかしながらビジネスを創り出し実行するという基本は変わりません。前に述べた“ 事業の独立性” を維持している以上、必要以上のサポートも邪魔も外部からはありません。ビジネスを完結するのはすべて我々社員ということです。そのためには成功も失敗もできる限り良い意味でシェアしましょう。これがVPJ のコンセプトです。

私どもは今、このコンセプトを共有できる仲間を募集しております。優秀な人材以上に仲間として信頼できるコミニケーション能力の高い人を求めています。

会社についての私たちの考え方

私たちは、会社は「社員のもの」と考えています。
VPJの社員は皆VPJの株式を保有する株主、つまり会社の所有者です。VPJの株主は社員と経営者だけです。
VPJは親会社や金融機関に束縛されない「完全自立」の会社です。
だから、事業から得られた利益は株主である社員に賞与や配当として還元されます。事業計画やお金の使い方に口を挟む部外者はいません。全て社員で決められます。だから、VPJの社員はビジネスに前向きです。

結果、VPJの顧客も満足しています。そしてさらに新たなビジネスが生まれます。
この「黄金のスパイラル」を継続したいと考えています